« 微笑みに出逢う街角 | トップページ | 皇帝ペンギン »

2005/10/04

dot the I ドット・ジ・アイ

製作年:2003年
製作国:イギリス/スペイン 
監 督:マシュー・パークヒル

ロンドン郊外。美しいスペイン人のカルメンは優雅な生活を送る優しい恋人バーナビーにプロポーズされ、これを受け入れる。ある夜、カルメンは、女友達だけで独身最後のパーティを開いた。そして、パーティの決まりに従い、その場にいる一番セクシーな男性とキスすることになったが…。

本作品は予告編を観る機会もなかったので、久々にどんなジャンルの作品か分らずに観始めました。冒頭に散りばめられた謎のショットが次々と明らかになっていくドラマの展開を大いに堪能する。

虚実入り混じった話でどこまで登場人物の本当の心情か計れないところが本作品のポイント。しかし、発端のキスは宿命的であったと観るものに信じさせるところにこの映画の興趣がある。

ヒロインのカルメンを演じたアルゼンチン出身のナタリア・ヴェルベケ。彼女を初めて観るが、ジェニファー・ロペスに似た雰囲気があり、今後の活躍が大いに楽しみです。

|

« 微笑みに出逢う街角 | トップページ | 皇帝ペンギン »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
初対面のキスがあんなだったら、メロメロになりそうですね。
こういう二転三転するドラマは目が離せません。
私は友人に勧められたのですけど、面白かったです〜。

投稿: ミチ | 2005/10/04 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/6250901

この記事へのトラックバック一覧です: dot the I ドット・ジ・アイ:

» 「ドット・ジ・アイ」 [雑板屋]
2003年 イギリス・スペイン いかにも「映画祭」の受賞狙いな作品じゃないかと・・・。 若干の嫌悪感さえ感じる。 逆に、映画祭に出品しても相手にされない方がもっと作品自体を売名できたのでは・・とも思ってみたりする。 途中で先の予測もできたので、最後まで観....... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 22:01

» dot the I ドット・ジ・アイ [MOVIE SHUFFLE-映画専門BLOG]
『DOT THE I』 イギリス・スペイン/2003 監督:マシュー・パークヒル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル ナタリア・ベルベケ      ジェームズ・ダーシー 「モーター・サイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル主演のサスペンス・ラブストーリー。 監督はこれがデビュー作のマシュー・パークヒル。短編映画で数々の賞を獲った監督。 ヒロインを演じるナタリア・ベルベケは表情豊かな女優。 <あらすじ> 恋人バーナビーにプロポーズされたカルメンはレストランで独身最... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 22:04

» 「ドット・ジ・アイ」 [the borderland]
今日はじめて、テアトル梅田のメンズディ1000円で映画鑑賞してきました。 男だらけなのかと思ってましたが、全体の3分の2程度でした。 1000円なら見たい映画も増えるので、他の劇場もやって欲しいですね。 正直言ってこの作品、サスペンス映画かなというぐらいの予備知識しかなく、「1000円なら外れでもいいや。」という気持ちで見に行ったのですが、 めちゃくちゃ面白い!あた~り~でした。 いつもならネタバレで感想書くのですが、まだ見ていない方は是非見てもらいたいので、ネタバレは後日にし... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 22:08

» DVD「ドット・ジ・アイ」 [ミチの雑記帳]
DVD「ドット・ジ・アイ」 ★★★★☆ まずは題名の説明から。 「dot the i's and cross the t's」という慣用句から来ています。 意味は、「iの字の点を打ち、tの字の横線を引く」ひいては「細かい点に注意を払う」ということです。 レストランで独身最後のパーティを楽しむカルメンは、フランスの習慣によりたまたまその場にいた男性キットとキスをすることになる。 それがきっかけになって婚約者バーナビーとキ... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 22:24

» 【ドット・ジ・アイ】 [ココアのお部屋]
ガエル・ガルシア・ベルナル、ナタリア・ヴェルベケ、 ジェームズ・ダーシー出演のラブサスペンス。 公開日:7月31日 ☆ストーリー☆ 彼女の名はカルメン。 ストーカーと化した恋人から逃れてきたロンドンで、 彼女はバーナビーと出会い恋に落ちた。 郊外の....... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 23:30

» dot the i  ドット・ジ・アイ [cinema note+]
タイトルが3流くさいので、全く期待 [続きを読む]

受信: 2005/10/05 00:00

» 『ドット・ジ・アイ』 [: Keep a diary under the moo...]
『ドット・ジ・アイ』 ★★★ 『DOT THE I』 コピー 「2人の男、1人の女。・・・もうひとつの視線       狂い続ける愛の結末」 簡単に言えば、ラブサスペンスなんだけど、 先の読めない展開をうまく表現しているこのコピーはうまい! 私はサスペンスだと知った時点で、前情報を一切入れていかないので、何?何?何なの?ってついてくのに必死だったけど、なかなか観ている側にもわかりやすく進んでいく。 まぁ、ラストは目新しさを感じないとしても、最後までうまくひっぱっていってくれる。単純... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 11:29

» dot the i[ドット ジ アイ](DVD) [ひるめし。]
CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル 他 こりゃただの男女の三角関係を描いた映画じゃないね。結構おもしろかった! まるでジム・キャリーの「トゥルーマン・ショー」みたいだね。 主演のガエル・ガルシア・ベルナルくんがめちゃかっこよいです。これ観てファンになってしまった(照) なんとなくV6の岡田くんに似てる。岡田くんをさらに濃くした感じ。 女性のみなさん、ビデオカメラを持った美青年が言い寄ってきたらご用心を・�... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 21:06

» dot the i/ドット・ジ・アイ [映画メモbox]
dot the i 2003年 イギリス/スペイン 監督・脚本 マシュー・パークヒル 撮影 アルフォンソ・ビアト 編集 ジョン・ハリス 出演 ガエル・ガルシア・ベルナル ナタリア・ヴェルべケ/ジェームズ・ダーシー トム・ハーディ/チャーリー・コックス 太陽をいっぱい浴びている人種のタフさには やっぱり誰もかなわないんだな〜と思った。 彼らはどんな状況でもへこたれない。 そんな人たちを利用しよう�... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 23:10

» 『dot the i ドット・ジ・アイ』、観ました。 [肯定的映画評論室・新館]
ドット・ジ・アイエスピーオーこのアイテムの詳細を見る  『dot the i ドット・ジ・アイ』、観ました。 レストランで独身最後のパーティを楽しむカルメンは、たまたまその場に 居合わせた男性、キットとキスをすることになる。一度のキスで永遠の愛を 確信してしまうふたり。カルメンは、婚約者への愛が冷め始めた自分に 気づくのだが、その裏には、ある陰謀が仕組まれていた…。  ひょんな事からこの映画を... [続きを読む]

受信: 2005/10/06 08:46

» ドット・ジ・アイ [のんびり映画日記]
美男美女のラブ・アフェアーかと思いきや、なかなか面白い展開の映画で最後までうまく見せてくれました。 驚く展開なのに順当な流れにも思えて、映画という文化を少し皮肉ってるように感じたなぁ。映画を愛する気持ちの裏返しなのかなぁ。 ネタバレ厳禁映画だからストーリーにはふれられないけれど、予備知識なしで見たほうがおもしろいです。 それにしても、ガエル・ガルシア・ベルナルはキュートでセクシーですねー・・・。ファンが多いのもよくわかる。 ナタリア・ベルベケも情熱的な美貌がこの映画にピッタリ。 それか... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 14:13

» dot the i / ドット・ジ・アイ [Rohi-ta_site.com]
DVDで、ガエル・ガルシア・ベルナル、ナタリア・ベルベケ、ジェームズ・ダーシー 出演の「dot the i / ドット・ジ・アイ」を観ました。 ●ストーリー 美しいカルメン(ナタリア・ベルベケ)は、裕福で優しいバーナビー(ジェームズ・ダーシー)にプロポーズされ、彼と結婚することを決心した。 レストランで独身最後のパーティを親しい仲間達と楽しむカルメンは、ビデオカメラを持って入って来た3人組の1人・キット(ガエル・ガルシア・ベルナル)とイギリスの古いしきたりに則ってキスをすることに..... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 06:24

» 〔movie〕ドット・ジ・アイ [徒然なるままに]
ドット・ジ・アイガエル・ガルシア・ベルナル ジェームズ・ダーシー エスピーオー 2005-04-08by G-Tools 2人の男、1人の女。・・・もうひとつの視線。 ラブ・ストーリーなのか? サスペンスなのか? ********************************* ストーカー化した恋人から逃れるた..... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 21:09

» dot the i ドット・ジ・アイ [カフェビショップ]
dot the i サンダンス映画祭で絶賛されたという映画。 見ようかどうか迷ったんだよな~。 最後らへんで、実はこれはこういう話でしたっていうどんでん返しがある系の映画には、 最近けっこう飽き飽きしてんだよ。 最後のネタばらしにいくまでに楽しませてくれる映画な..... [続きを読む]

受信: 2005/12/11 23:38

» ドット・ジ・アイ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  すでに騙されている・・・・ [続きを読む]

受信: 2005/12/14 20:41

» 映画『dot the'i'』(ドット・ジ・アイ) [mujinamo's]
腹黒ムービー。あ〜面白かった。どきどきした〜。腹黒心理がわかってきちゃった。 [続きを読む]

受信: 2005/12/20 02:19

» dot the i ドット・ジ・アイ [39☆SMASH]
昨日は友達と飲みに行ってました。 就職が決まったので、3月にはYOKOHAMAへ行っちゃうそうです(泣) なので、それまではたくさん遊びたいなぁと思っております。 『dot the i ドット・ジ・アイ』 あらすじ 『レストランで独身最後のパーティを楽しむ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 11:49

» 『dotthei ドット・ジ・アイ』’03英・スペイン [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ結婚の決まった女性が独身最後の夜を騒ぎ明かす「ヘン・ナイト・パティー」は、その場にいる一番セクシーな男性とキスをするのがルール。周りに、はやしたてられるまま、軽い気持ちでキスをした男と女。今、全てを狂わす衝撃の7日間が始まる・・・。感想パッケー...... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 20:42

« 微笑みに出逢う街角 | トップページ | 皇帝ペンギン »