« クローサー | トップページ | 羊たちの沈黙 »

2005/09/11

ピエロの赤い鼻

製作年:2003年
製作国:フランス
監 督:ジャン・ベッケル
原作:ミシェル・カン
出演:ジャック・ヴィユレ アンドレ・デュソリエ
   ティエリー・レルミット ブノワ・マジメル

14才のリュシアンは父親のジャックが毎週日曜にピエロの真似事をする事に嫌悪感を抱いていた。教師の父がみんなの笑いものになる事が我慢できないのだ。ある時、お祭り会場で不機嫌そうにピエロ姿の父親を見つめるリュシアンに、ジャックの古い親友・アンドレが声をかけるが…。

何よりも尊い精神とは、我欲を捨てて自分の大切なものを守るために生きること。その為に本作品の中で二人の男が命を落としてしまう。彼らに守られた者、そして本作品を観る者にも高貴な思いが残り続ける。

尊い犠牲を払った人に対し守られた者ができることは、その人を悼みいつまでも憶え続けることしかない。その遺志を受け継いでいけば、その死は無駄でなくなる。

本作品で、どうしても気になってしまうのは、50歳を過ぎたジャック・ヴィユレやアンドレ・デュソリエが、戦争中の青年時代まで演じていること。舞台劇ならいざ知らず、無意識のうちにリアリティーを求めてしまう映画ではどうしても厳しいものがある。この二人では若気の至りという感じが薄れてしまう。

|

« クローサー | トップページ | 羊たちの沈黙 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5890816

この記事へのトラックバック一覧です: ピエロの赤い鼻:

» ピエロの赤い鼻@シネスイッチ銀座 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
フランス映画「クリクリのいた夏」は僕のベスト10に入る作品だ。その監督ジャン・ベッケルの新作を劇場まで。彼の父ジャック・ベッケルは「穴」「現金に手を出すな」の巨匠で戦中戦後のフランス映画界を担った。ジャンは戦争の記憶が鮮明に残っているようで、本作も「クリクリ... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 18:23

» ピエロの赤い鼻 (2003/フランス) [虫干し映画MEMO]
EFFROYABLES JARDINS 監督: ジャン・ベッケル 出演: ジャック・ヴィルレ  ジャック     アンドレ・デュソリエ  アンドレ     ティエリー・レルミット  ティエリー    ブノワ・マジメル  エミール    シュザンヌ・フロン  マリー  1960年代のフランスの田舎町の小学校教師のジャックは、毎週日曜日になると、赤い鼻をつけたピエロとなり、人々を笑わせていた... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 05:44

» "おひとりさま"時間の愉しみ方◆『ピエロの赤い鼻』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月17日(水)晴れ / 『ピエロの赤い鼻』(シルバー劇場) 朝、自転車のハンドルを握る手が冷たかった。「冬」が確実に近づいていることを感じる。スキーもスノボーもやったことはないけれど、私は冬が大好きだ。自転車に乗った時の、頬に感じるピリッとした空気がた....... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 21:09

» 『ピエロの赤い鼻』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
その意味深タイトルに惹かれて観たのであるが、まさか“反戦映画”とは思わなかった。ただし、“戦争”と言ってもナチの極悪非道ぶりだけが描かれる刺激的な内容かと言えばそうではなく、むしろ、憎み合い、殺し合う敵同士の“心の交流”を描いたハートフル・ヒューマンドラ... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 01:33

« クローサー | トップページ | 羊たちの沈黙 »