« 愛は霧のかなたに | トップページ | ウェルカム ヘヴン »

2005/09/04

モーターサイクル・ダイアリーズ

320083_002

製作年:2003年
製作国:イギリス/アメリカ 
監 督:ウォルター・サレス

1952年、ブエノスアイレス。23歳の医学生エルネストは7歳年上の友人アルベルトと二人で、おんぼろバイク“ポデローサ号”に乗って南米大陸探検の旅に出た。彼らの行く手には様々な困難が待ち受けていたが…。
第77回アカデミー賞でホルヘ・ドレクスレールの「河を渡って木立の中へ」が歌曲賞を受賞。

旅とは、自分の知らない何かを見つけること。無邪気な笑顔が辛辣な現実の前に消えていく。社会の理不尽さをいつか変えてやるという強い思いの現れが、アマゾン川の横断遊泳なのであろう。

最後に、この旅行でエルネスト(ガエル・ガルシア・ベルナル)が出会った人々が白黒画面で再登場するカットがずっしりと心に残り続ける。

そして、南米大陸の風景も素晴らしかったです。

|

« 愛は霧のかなたに | トップページ | ウェルカム ヘヴン »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、頂いたTBからお邪魔しました。
この作品は派手ではないですがオールタイムベストの一本ですw、公開当時はほぼゲバラ教入信状態でしたよ。
以前頂いていたTBをまとめて返させて貰いました、ではまた拝見させて頂きます。

投稿: lin | 2005/10/04 01:59

はじめまして、barbonといいます。
TBありがとうございますた。
たまにブログに遊びにきてください。
宜しくお願いします!

投稿: barbon | 2005/10/20 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5782187

この記事へのトラックバック一覧です: モーターサイクル・ダイアリーズ:

» モーターサイクル・ダイアリーズ [cube1555.com]
てゆーか、チェ・ゲバラって誰?という、無知な私が、実話だったとも知らずに観た映画。・・・お恥ずかしい(^^;若者二人がボロボロのバイクで南米横断の旅に出て、そこで出会う人々の優しさや、貧しさや、差別に向き合う。というか。エルネスト・チェ・ゲバラを演じてる俳...... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 19:27

» モーターサイクル・ダイアリーズ [ネタバレ映画館]
 ゲバラが医学生だったという事実さえ知らなかったし、どこの国の革命家だったのかも知らないほど勉強不足な自分。単なる“革命家の伝記”映画ではなく、ゲバラの医学の道から一転して革命家へと進路を変える人生の転機となった旅の断片映画なのだ。  何しろ、よくわかっていなかったためにパンフレットを買ってしまった。キューバ革命の戦士だというくらいの認識しかなかったため彼の国籍さえわからなかった。そう... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 20:02

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [京の昼寝〜♪]
■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』) ■製作総指揮 ロバート・レッドフォード ■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲバラと盟友アルベルト・グラナードの若き日の冒険旅行を、2人の手記から映画化した作品。 1952年、喘息持ちだが“フーセル(�... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 21:18

» モーターサイクルダイアリーズ [Rabiovsky計画]
モーターサイクルダイアリーズ 今日見ました。 私の周りそしてメディアでも面白いよって言う感想が多いのですが、 私は普通の映画だったなぁ〜です。 特にクスコのあたりから急にドキュメンタリータッチになるんだけど そこがすごく違和感があってずーっと引っかか... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 21:34

» モーターサイクル・ダイアリーズ [It's a Wonderful Life]
劇場で観たかったけど見逃してしまった作品です。 一度観た映画じゃないとDVDは買わない方なんですが、これは 買っちゃいました。いい買い物だったと思います。 キューバ革命の中心人物として有名なチェ・ゲバラについてはあまり 詳しくないんですが、数年前...... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 21:47

» モーターサイクル・ダイアリーズ [I LOVE CINEMA +]
The Motorcycle Diaries 若き日のチェ・ゲバラの旅の回想録を元に映画化された作品。 監督はセントラル・ステーションのウォルター・サレス。 オフィシャルサイト バイクを駆って10,000?を走破する計画でエルネストとアルベルトはブエノスアイレスを出発。この旅が二人のその後の人生に影響を与えることになるのです。 映画の後半ですが、旅の途中で24歳となるエルネストの純粋な魂が、南米のさまざまな地で、多くの人々の生活や人生に出会うことによって、揺さぶられてい... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 22:30

» 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 [the borderland]
「チェ・ゲバラ?、う~ん聞いたことあるなぁ。ところで誰?」 「キューバでカストロと一緒に革命起こした人だよ。」 「そうそう、そうやったね・・・(へぇ、そうだったんだ。)」 これぐらいのチェ・ゲバラ初心者の私でも楽しめる作品です(^^; 映画の冒頭と最後に「これは偉業の物語ではない。~」とあるように、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(ガエル・ガルシア・ベルナル)がまだ医学生の時に、友人の生化学者アルベルト・グラナード(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)とともに、南アメリカ大陸をポデローサ号という... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 22:44

» モーターサイクル・ダイアリーズ [坂部千尋のsparrow diary]
 ちょっと久々の映画日記です{/hiyo_en2/}今回観たのは革命家チェ・ゲバラの若き日を描いた青春映画。ちょこっと映画館で観たかったのですが日本ではミニシアター系だったので近くで上映している所があまり無く残念ながらDVDに{/hiyo_face/}  チェ・ゲバラは60年代後期から70年代初期の学生運動盛んな時期に青春を過ごした千尋のママ世代には凄くなじみのある名前のようです{/kaeru_en1/}男の子とか�... [続きを読む]

受信: 2005/09/05 09:29

» モーターサイクル・ダイアリーズ [Akira's VOICE]
チェ・ゲバラとなるきっかけとなった旅を,ラテンの心地良いリズムに乗せて描くロードムービー。 [続きを読む]

受信: 2005/09/05 11:05

» モーターサイクル・ダイアリーズ [シェイクで乾杯!]
チェ・ゲバラについての知識はほとんど無いに等しいのですが、 青春ロードムービーとしても十分に楽しめました。 [続きを読む]

受信: 2005/09/05 17:57

» モーターサイクル・ダイアリーズ [cinema note+]
「グランツーリズモ」という言葉はこの旅を語源としているらしい。 ゲバラに絶大な影響をもたらしたこの旅は、意外に普通の若者の普通のツーリングって感じである。劇的な出会いが [続きを読む]

受信: 2005/09/05 22:02

» モーターサイクルダイアリーズ [レンタルだけど映画好き morey’sroom(別館)]
2004年 イギリス・アメリカ 監督 ウォルター・サレス 出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリゴ・デ・セルナ 製作総指揮 ロバート・レッドフォード 原作 エルネスト・チェ・ゲバラ あらすじ 今もなお世界中から愛されている革命家ゲバラ。 まだ名もなき医学生だった頃の友との南米大陸縦断の旅が彼の未来を変えた! 人間味と情熱あふれる革命家の息吹が芽生える瞬間が心の極限を揺さぶり涙を誘う、真実の物語。 何故、アルゼンチンの裕福な家に生まれ、医者を目指していた彼が革命家になったのか?... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 01:53

» モーターサイクル・ダイアリーズ [映画を観たよ]
自分小さいと思った。 そんなことは分かってたけどこの映画を見て改めて思ってしまいました。 キューバ革命で有名なチェ・ゲバラの若かりし頃の旅。 その旅は前途多難で困難ばっかり。貧乏生活の寝るとこもないしバイクも壊れちゃう。 でもゲバラを変えたのは確実です。 彼はこの旅にものすごい影響を受けたわけです。 後半での病院で「何かがおかしい」と思う彼は真剣に彼らと心を通わせる。 そこでは�... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 12:55

» 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 [るるる的雑記帳]
「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 [続きを読む]

受信: 2005/09/11 13:53

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [ぺぺのつぶやき]
監督 ウォルター・サレス 出演 ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ エルネスト・チェ・ゲバラ「モーターサイクル南米旅行日記」(現代企画室刊)がこの映画の原作です。 1952年、23歳のエルネスト(...... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 18:47

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』、観ました。 [肯定的映画評論室ココログ支店]
 『モーターサイクル・ダイアリーズ』、観ました。 23歳の医学生のエルネストは、親友 [続きを読む]

受信: 2005/09/13 02:05

» 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 [雑板屋]
同じ大志と夢を持つ二人の男の友情旅物語。 ずっとその疾走感や風を二人と共に感じていたかった・・。 モーターサイクルが途中で活躍しなくなって残念。 南米大陸の旅は、大自然に溢れ街や湖もとても美しい。 時にはその土地の人々に浮浪者と追いやられたり、また逆に情... [続きを読む]

受信: 2005/09/14 08:40

» DVD「モータサイクル・ダイアリーズ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
キューバ革命の指導者、エルネスト・チェ・ゲバラの若き頃の物語。実際に本人の日記が原作として使われているらしいです。 医学生だった頃のゲバラが、南米大陸を旅をし過酷な現実を知り最後には人格が変わってしまうほど。医学生だったゲバラがこの旅を通して、革命家...... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 05:08

» モーターサイクル・ダイアリーズ THE MOTORCYCLE DIARIES [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ主演 チェ・ゲバラの若い頃友人アルベルト・グラナードと南米を旅をする物語 チェとアルベルトは冒険としてオートバイでブェノスアイレスから チリ、ペルー、ベネゼイラまで壮大なルートで出かけます 彼らが色々な人々に出会い 南米の素晴らしい風景に魅せられ エピソードを織り交ぜて行きながら物語りは進んで行くのです そしてチェは単なる医学学生の延長として医師では無く 人々の為になる様な人物になるべきだとこの旅で自覚していくのです チェは裕福な家庭に... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 22:15

» 「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観た★★★★☆ [FindingMovie映画っていいね♪]
『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003・イギリス/アメリカ)いや〜、いい映画でした〜☆映し出される南米の雄大な景色がとても美しくて心洗われました〜。思わずバックパック一つ(!)で旅に出たくなる気分にさせてくれるような、そんな青春ロード・ムービーでした。...... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 00:00

» モーターサイクル・ダイアリーズ [BARBON STREET]
製作年度 2003年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 127分 監督 ウォルター・サレス 製作総指揮 ロバート・レッドフォード 、ポール・ウェブスター 、レベッカ・イェルダム この映画は何の予備知識もなく観た。 時にそのような映画がたまらなく面白いときがある。 この映画はチェ・ゲバラの若き日々を描いたロードムービーなのだが、 映画を観るまでチェ・ゲバラについての知識は「革命家」ぐ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 02:03

» モーターサイクルダイアリーズ(DVD) [ひるめし。]
遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 他 ■イギリス/アメリカ産 126分 チェ・ゲバラって人は名前も何した人かも全然知らないのに借りてきてしまった。だって・・・ガエルくんが見たかったんですもん。 そんなワタシが観たこの映画の印象は二人の若者の青春ロードムービーって印象でした。 この映画観た後チェ・ゲバラに興味が湧か... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 20:30

» 独断的映画感想文:モーターサイクル・ダイアリーズ [なんか飲みたい]
日記:2005年12月某日 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見る. 20 [続きを読む]

受信: 2005/12/31 18:52

» 映画評「モーターサイクル・ダイアリーズ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2004年イギリス=アメリカ映画 監督ウォルター・サレス ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2006/01/11 18:47

» 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 [Bodhi Tree Book Club]
モーターサイクル・ダイアリーズ 「モーターサイクル・ダイアリーズ 」を観ました。 よく街で「チェ・ゲバラ」のTシャツを着た人を見かけますが、教科書の歴史レベル以外の事は知りませんでした。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 15:45

» モーターサイクル・ダイアリーズ [グレート・タカの徒然なるままに…]
革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたロードムービー。 チェ・ゲバラという人物が、どのような人物なのか良く知らずに見た。 単純に青春物のロードムービーのつもりでDVDを借りてきたから… どうやらゲバラはキューバ革命の英雄らしい。 この旅が革命家として目覚める...... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 03:44

» 映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Motorcycle Diaries チェ・ゲバラといえばフィデル・カストロと共にキューバ革命の成功があまりにも有名だ。その後もアメリカ帝国主義と闘い続け、英雄となった・・・。 前回はバイクを捨てたあとの鉱山から先へと進むところから観たので、・・どちらかというとチェ・... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 13:23

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』’04... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ伝説の革命家チェ・ゲバラの青春の日々23歳の医学生エルネスト・ゲバラは、親友の生化学者アルベルトとともに、中古のおんぼろバイクで南米大陸を縦断する冒険の旅に出る。... [続きを読む]

受信: 2010/06/20 22:09

« 愛は霧のかなたに | トップページ | ウェルカム ヘヴン »