« エニグマ | トップページ | モーターサイクル・ダイアリーズ »

2005/09/03

愛は霧のかなたに

製作年:1988年
製作国:アメリカ
監 督:マイケル・アプテッド

マウンテン・ゴリラが絶滅の危機に晒されている事に興味を持ったダイアンは著名な動物学者ルイスに直訴して助手になる。そして中央アフリカの生息地に向かうが、同行してくれると思っていたルイス博士は他の地域へ行ってしまい、彼女はゴリラについては何も知らない現地人ガイドと二人で調査を開始するが…。

奇人変人が世界を変えていく。常人には持ち得ない激しい情熱があって初めて、強固な状況を打破することができるだろう。彼女の取った行動は必ずしも正しい選択ではなかったかもしれない。だが、その行動の結果、マウンテン・ゴリラの絶滅を救ったことには間違いない。その強い信念に圧倒されたことがひとつ。マーティン・スコセッシ監督の「アビエイター」(2004)を思い浮かべる。

てっきり、全部実写であったと思ったが、ボス・ゴリラは特殊メークの第一人者リック・ベイカーが製作したゴリラ・スーツであったという。本物のゴリラと全く区別がつかなかった。その出来栄えに驚嘆する。

シガニー・ウィーヴァーといえば「エイリアン」シリーズのリプリー役であるが、こうした強い女性を演じると卓越した存在感を見せる。そして、赤ちゃんゴリラと遊ぶときの優しい表情も忘れ難い。

|

« エニグマ | トップページ | モーターサイクル・ダイアリーズ »

製作年:1988年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5768503

この記事へのトラックバック一覧です: 愛は霧のかなたに:

» 「愛は霧のかなたに」 [花太郎♀の日常]
BSで観ました。(1988年 アメリカ) なんとなく食わず嫌いしてた作品でしたが、やっと観てみました。 なんとなんと、いい映画でした。泣けましたよ。 シガニー・ウィーバーがダイアン・フォッシーになりきってて、最高の演技でした。 ダイアンはちょっとやりすぎかなとも思いますが、あれくらい気が強くないとゴリラの 保護なんてできないのかもしれませんね。 ゴリラの手の灰皿を使う人が�... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 07:32

« エニグマ | トップページ | モーターサイクル・ダイアリーズ »