« ノロイ | トップページ | キング・アーサー »

2005/09/20

愛の落日

製作年:2002年
製作国:アメリカ
監 督:フィリップ・ノイス
原作:グレアム・グリーン「おとなしいアメリカ人」
出演:マイケル・ケイン ・フレイザー
   ドー・ハイ・イエン レイド・セルベッジア

1952年。フランス占領下のサイゴン。ロンドン・タイムズの特派員ファウラーはイギリスに妻子を残したまま美しいベトナム人女性フォングと同棲している。ある日、アメリカの援助団体の一員としてベトナムにやってきたパイルと出会う。アメリカ人にしては物静かな彼にファウラーは好感を抱くが…。

ありふれた三角関係の恋愛ドラマで終わっていない。ファウラー(マイケル・ケイン)が旧ヨーロッパ帝国主義、フォング(ドー・ハイ・イエン)がアジアの植民地、パイル(ブレンダン・フレイザー)がアメリカをそれぞれ象徴されている。その微妙な関係が政治的背景と重なり実に興味深い。

「ハムナプトラ」シリーズなどコメディータッチの作品が多いB・フレイザーであるが、本作品では影ある人物を好演している。テロが発生した直後に負傷者よりも自分のスラックスについた血を気にするところなど、この男の本質をずばりついていてゾォーとさせる。

本作品の撮影監督はクリストファー・ドイル。フィリップ・ノイス監督とは「裸足の1500マイル」(2002)に続き二度目のコンビとなる。優美で情感あふれる映像が素晴らしい。赤を基調にしてフォングを美しく撮っているところなど、ウォン・カーウァイ作品を連想させます。

|

« ノロイ | トップページ | キング・アーサー »

製作年:2002年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/6035830

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の落日:

» テロという政治手法� [心に留まった言葉たち]
だが、エジプトにしてもインドネシアにしても、テロで実際に犠牲になったのは大部分がイスラム教徒であり現地の人間だった。 イギリスではイスラム教徒住民の立場を危うくした。 そこからようやく本腰を入れた批判の声も出るようになっている。 テロというものは未然に防ぐ..... [続きを読む]

受信: 2005/10/29 01:03

» 愛の落日 / The Quiet American [洋画まにあ]
++ 出演者 ++マイケル・ケイン ブレンダン・フレイザー ドーハイ・イエン チー・マ レイド・セルベッジア 【PR】『愛の落日』をTSUTAYA DISCASでレンタル! [続きを読む]

受信: 2006/01/16 16:22

« ノロイ | トップページ | キング・アーサー »