« ホテル ビーナス | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 »

2005/09/16

ロスト・メモリーズ

製作年:2001年
製作国:韓国/日本
監 督:イ・シミョン

1909年。中国ハルピン駅での伊藤博文暗殺は失敗に終わった。日本は米国との同盟を結び第二次大戦を連合軍側につき戦勝国となる。朝鮮半島の日本併合はそのまま続いた。2009年、ソウル。朝鮮独立を目指すテロ集団が井上財閥主催の美術展を襲撃する。直ちにJBI(日本特殊捜査局)が出動するが…。


動画無料配信の「GyaO」で初めて映画を観てみました。インターネットで映画を観られる時代になったのだと感慨深かったです。

坂本(チャン・ドンゴン)がスパイとして同僚に射殺された捜査官の父を懸命に否定しようとするが、決して忘れることはできない。日韓併合という形で祖国をなくしても、国ヘの想いが断ち切れない“不令鮮人”の姿と重なるし、その後の行動を暗示している。

問題なのは坂本の捜査方法である。いくら疑惑のある企業であっても、正面から狂騒的に向かっていってはまともに相手にされないのは当たり前である。それで停職処分を食らって局長にどなり込むところもどうかと思う。おかしな日本語の発音については目をつぶっても、こういうところにはリアリティーを求めたい。

そして、坂本とオ・ヘリエ(ソ・ジノ)の因縁ももう少し説明が欲しかった。ここが物語の肝であると思えるのだ。坂本が記憶をなくしているのはいい。だが、ヘリエの存在はどういうものだったのか、もう一つ納得できなかった。

|

« ホテル ビーナス | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 »

製作年:2001年」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!TBありがとうございました。
あたしはこのストーリーに、びっくり!
だって、日本じゃ考えられない日韓併合、、、

投稿: 猫姫 | 2005/09/17 05:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5974508

この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・メモリーズ:

» ロスト・メモリーズ/チャン・ドンゴン、仲村トオル、ソ・ジノ [カノンな日々]
WOWOWで放送してたので、なにげにまた見てしまいました。一昨年のNHK教育TVのハングル講座でこの映画を紹介していて小倉先生が、『この映画の中にも韓国の「恨 ハン」が描かれています』と力説していたし、テキストの紹介でも面白そうに書いてあったので、それならばと見て....... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 21:46

» ロスト・メモリーズ [ある在日コリアンの位牌]
 チャン・ドンゴン、仲村トオル共演のB級近未来SFアクションです(2人のファンの方すみません)。が、それなりに楽しめる映画です。  ストーリーを簡単に言うと、1909年、中国ハルピンにおいて、安重根(アン・ジュングン)の伊藤博文暗殺が失敗に終わり、日本の朝鮮半島支... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 23:40

» ロスト・メモリーズ [サクっと]
ロスト・メモリーズ 今日は寒いし、雨や雪やで外に出たくなかったので 借りてきていた映画でも見ることにした 見たのは「ロスト・メモリーズ」(2002/韓国) 最近はまってる韓国映画だけど、これは仲村トオル なんかが出ててちょっと趣が違うのかなと思い 興味があった...... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 00:20

» ロスト・メモリーズ 今年の94本目 [猫姫じゃ]
ロスト・メモリーズ   よかった!あたしはすき!! 原作、ないのかしら?とにかく、ストーリーが、すごく良い!! 日本は悪者?韓国の執念深さ?そんなの、ドーデモいいの。   ぜんぜんストーリー知らなくって、見たんだケド、冒頭の字幕、見直したわyo。 ....... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 05:18

» ロスト・メモリーズ [spoon::blog]
解説: 1909年、ハルピン駅で伊藤博文が暗殺されなかったらという大胆な仮説に基... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 23:28

» ロスト・メモリーズ [まるっと映画話]
'01年 チャン・ドンゴン   すごく面白い設定の映画でした。 日本が第2次世界大戦で勝利し、朝鮮半島を支配していたとしたら…。 新宿が朝鮮のロケ地に使われていたり、 チャン・ドンゴンをはじめ韓国人俳優が日本語を話していたり、そういうのも楽しい。 発音がつたなく..... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 08:29

» 「ロスト・メモリーズ」DVDにて 日韓合作 [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
DVDで日韓合作映画『ロスト・メモリーズ』を観ました。 最近のレンタルDVDはセットすると他の作品紹介が強制的に立ち上がりますが、この作品のDVDもそうでした。出るのは構わないんですが、『MUSA -武士-』『黒水仙』『ハッピーエンド』『H [エイチ]』の4作品・・・ワタクシ既に4作品とも観ております。 さて本作の主演は『ブラザーフッド』の「チャン・ドンゴン」、『海猫』の「仲村トオル」です。 作品の背景にあるのは安重根(ア�... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 23:47

» ロスト・メモリーズ [レンタルだけど映画好き morey’s room(別館)]
SF/アクション 2001年 日本/韓国 監督 イ・シミョン 出演 チャン・ドンゴン/仲村トオル/ソ・ジノ/シン・グ/大門正明/光石研/吉村美紀/今村昌平 原題 2009 LOST MEMORIES あらすじ 1909年、中国ハルピン駅での伊藤博文暗殺は失敗に終わり、日本は米国との同盟を結び連合軍側として第二次大戦に勝利。日本の朝鮮半島統治が続いた。100年後の2009年、日本第3の都市ソウルでは、水面下で朝鮮独立を目指すテロ集団が活発化。日本特殊捜査局の朝鮮系日本人の坂本(チャン・... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 23:32

« ホテル ビーナス | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 »