« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 雨鱒の川 »

2005/09/05

ウェルカム ヘヴン

製作年:2001年
製作国:スペイン/フランス/イタリア
監 督:アグスティン・ディアス・ヤネス

地上で暴力や犯罪が多発している現在、天国では昇ってくる魂が激減し、破産の危機に直面していた。一方、地獄は堕ちてくる魂が急増し、過密状態が続いている。双方が、この危機的状況を打破するカギを見つけた。マドリードに暮らすボクサーのマニの魂を迎え入れることだ。天国と地獄は、それぞれ使者を送り込むが…。

物語のディディールが分り難く、単純に楽しむことができなかった。何故、うらぶれたボクサーが天国と地獄の間で争奪戦となるような重要人物なのか? 「ライ麦畑でつかまえて」の意味は? そこに重要な暗喩があるのかもしれないが、読解できなかった。

天国と地獄の工作員同士が共同生活を過ごす内にひそかに共感し合っていく。そこで天国と地獄の境目が曖昧になっていく。

そもそも天国と地獄の境目とは何だろうか。消化不良のまま、疑問ばかり残っていく作品だった。

|

« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 雨鱒の川 »

製作年:2001年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5800322

この記事へのトラックバック一覧です: ウェルカム ヘヴン:

» Avril Lavigne(アブリル・ラヴィーン)((笑!!´∀`)) [〜ケイトの心のドアをそっと開けてみよう〜]
今日は TOEFLの 予約を 済ませました 今月末に予約したんやけど 希望日がもうすでに 満席状態でしかたなく 希望日の日前の日に 予約しました TOEFLを受ける方は早く予約してくださ〜い What's up? ケイトの英語版Blogです  ちょこっと....... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 20:48

» DVD「ウェルカム!ヘヴン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
天国の工作員と地獄の工作員が地上に住むボクサーの命をめぐって悪戦苦闘するお話。 中盤までは、天国、地獄、地上の関係がよく解らなくて観ていたのですが、途中からはテンポが良くなって楽しかったです!最後には「えぇぇ!そうなの!!」みたいな展開もあってね。天...... [続きを読む]

受信: 2005/09/18 23:12

« モーターサイクル・ダイアリーズ | トップページ | 雨鱒の川 »