« サマリア | トップページ | 黒水仙 »

2005/08/17

悪い男

製作年:2001年
製作国:韓国
監 督:キム・ギドク

昼下がりの繁華街。売春街を取り仕切るヤクザのハンギは一人の女性に眼を奪われる。その女子大生ソナはハンギに侮蔑の視線を向けるとハンギは強引にソナの唇を奪う。周囲は騒然となり、取り押さえられたハンギは軍人たちから袋だたきにあってしまう。ソナにも唾を吐かれ罵られてしまうが…。

あまりにも極端な設定に現実味が不足しているのかもしれないが、そういうありえないシチュエーションを創造することこそフィクションの醍醐味だ。倒錯した愛の世界と言えばリリアーナ・カヴァーニ監督の「愛の嵐」(1973)などすぐ浮んでくるが、本作品も卓越したオリジナリティーを誇っていると思う。

このような特異な物語を成立させるにはキャラクターの造形が何よりも大切である。こんな人間であれば仕方ないと納得させられるか否かで作品に説得力が左右される。本作品でもヤクザのハンギ(チョ・ジェヒョン)の存在感が圧倒的で異彩を放つ。無言のままソナ(ソ・ウォン)を見つめる視線の激しさ。時に激しく時に憂いを帯びていて画面は常に緊張感に包まれる。そして、彼が唯一言葉を発する場面の苛烈さ。忘れがたいシーンだ。

鋭いガラスやナイフで腹を刺される反復。顔がない海辺の写真。死を予感させる描写が続く。エピローグのシークエンスは、現実というよりハンギの死に際に浮んだ哀しい夢の姿でないだろうか。

|

« サマリア | トップページ | 黒水仙 »

製作年:2001年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5513217

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い男:

» 『悪い男』〜コークスクリュー・ラブ〜 [Swing des Spoutniks]
『悪い男』   公式サイト DVD   監督:キム・ギドク出演:チョ・ジェヒョン ソ・ウォン     【あらすじ】(Amazonレビューを改変)ヤクザのハンギ(チョ・ジェヒョン)は街で見かけた女子大生ソナ(ソ・ウォン)に一目惚れし、いきなりその... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:04

» 悪い男 [be-in 別館]
珍しく「悪い男」という韓国映画を観ました。  キム・ギドク監督、チョ・ジェヒョン、ソ・ウォン主演です。  お友達からお勧めを受けたのですが、その人がこの手の映画を観るとは思わなかったのでちょっとビックリ(笑)  私にお薦めしてくれたと言うのは納得です(大....... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 08:16

» 悪い男 [カノンな日々]
監督:キム・ギドク 出演:チョ・ジェヒョン、ソ・ウォン、チェ・ドンムン これもある種の純愛モノでしょうか・・・イヤ、まさしく純愛カモ。 かねがねキム・ギドク監督の作品を観たかったので、この『悪い男』の日本語版DVDは待ちこがれてました。そして、素晴らし...... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 09:56

» 『悪い男』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
世間的な道徳とか、社会的なモラルとか、そういった観点からみれば、「こんなの愛じゃねぇーよ!」と即座に一喝されそうではありますが、間違いなくこれは“愛の映画”、、それもとびきり“純な愛の物語”だ。勿論、ボクとしてもこの極道に生きる主人公の手段が、卑劣で卑怯... [続きを読む]

受信: 2005/08/20 11:50

» 「悪い男」DVDにて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
DVDで韓国映画『悪い男』を観ました。 韓国は『サマリア』の「キム・ギドク」。 その日が『ソナ(ソ・ウォン)』にとって自らの人生を180度変えてしまう日になろうとは思いもしていなかった。 女子大生の『ソナ』は繁華街の公園のベンチにデートの待ち合わせの為に座っていた。しばらくすると同じベンチにやくざ風の男が座り、彼女のことを嘗め回すように見つめている。気味悪がった『ソナ』はベンチを離れるが男の視線を感じたままだった。やがて彼が... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 21:51

» 映画「悪い男」 [ある在日コリアンの位牌]
タイトル: 悪い男  これを愛と呼べるのだろうか。 ?  ごく普通の女子大生ソ・ウォン(ソナ役)を街で見かけ、一目ぼれしたヤクザのチョ・ジェヒョン(ハンギ役)は、ソ・ウォンの恋人の目の前で、いきなり暴力的なキスを奪う。  結果、その行為に驚き怒った周... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 17:09

« サマリア | トップページ | 黒水仙 »