« 五線譜のラブレター DE-LOVELY | トップページ | ロッキー 4 炎の友情 »

2005/08/08

真実の瞬間(とき)

製作年:1991年
製作国:アメリカ
監 督:アーウィン・ウィンクラー

1951年、ロサンゼルス。ハリウッドでもトップ・クラスの監督であるデビッドは、20世紀フォックス社の社長ダリル・F・ザナックに呼ばれ、急遽フランスから帰国した。ザナックは彼に米下院非米活動委員会から呼び出しが来るので、協力するよう暗に求められるのだが…。

デビッド(ロバート・デ・ニーロ)はハリウッド随一のヒットメーカーとしての実績から保護してもらえると確信していた。パリからの帰国パーティーの席上で、仲間から歓迎されると共に、ザナックのお気に入りだからという皮肉を受けている。だが、証言を拒むと彼の確信はあっけなく崩れ果てた。すぐに仕事は干され、生活に困窮することになる。自分の価値をはかるという事がどんなに困難なことかと思うことがひとつ。

そして、信念を貫くとはどういうことかを教えてくれる。最初の方で証言を拒否することはたやすい。生活を顧みることなく理想を語ることは誰でもできる。だが、デビッドはどん底の生活を経験し、証言すれば監督に復帰させるという確約まで貰っている。それでも、なお証言しなかったということが重要だ。苦難の道を歩むことを知っていて、それでも拒むということは大変な覚悟がいる筈だ。証言の場面で本作品は終わり、いささか呆気ない感じもするが、ここが最大のポイントだと思う。

大切なのは「赤狩り」がいかにひどかったかという歴史の1ページで終らせてはいけないことだ。確かに、十数年経ってみれば、共産主義者への弾圧は不当なものだと感じるであろう。しかし、その一方で共産主義に恐怖し嫌悪していた時代の空気を考慮しなければならない。そして今でも、これが正義だと確信し弾圧を続けている体制がある事も忘れてはいけない。

|

« 五線譜のラブレター DE-LOVELY | トップページ | ロッキー 4 炎の友情 »

製作年:1991年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5367600

この記事へのトラックバック一覧です: 真実の瞬間(とき):

» 真実の瞬間(1991/米) [虫干し映画MEMO]
GUILTY BY SUSPICION 監督: アーウィン・ウィンクラー 出演: ロバート・デ・ニーロ     アネット・ベニング     ジョージ・ウェント     パトリシア・ウェティグ  第2次大戦後のアメリカの、狂気のような赤狩りの時代に、その犠牲となって全てを失いつつも自己の信念を貫いた一人の監督の姿を描く。  エリア・カザンのオスカー受賞の時の波乱を見ても、赤狩りの傷跡はハリウッド�... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 06:35

» 真実の瞬間(とき) [鏡の誘惑]
1951年、新進監督デヴィッド・メリル(デ・ニーロ)に米下院非米活動委員会から呼び出しが来る。「紳士は金髪がお好き」の試写室で、20世紀フォックスの社長ダリル・F・ザナック(ピアザ)に委員会に協力するよう暗に求められる。委員会が欲しいのは共産主義活動に関与してい..... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 11:52

« 五線譜のラブレター DE-LOVELY | トップページ | ロッキー 4 炎の友情 »