« エリン・ブロコビッチ | トップページ | カイロの紫のバラ »

2005/07/28

エレファント

製作年:2003年
製作国:アメリカ 
監 督:ガス・ヴァン・サント

オレゴン州ポートランド郊外のワット高校、ある初秋の朝。ジョンは酒に酔った父と車の運転を交代して学校に到着。写真好きのイーライはポートレート制作の真っ最中。アメフト部員ネイサンはガールフレンドと待ち合わせ。そんな中、アレックスとエリックはネットで入手した銃器を手にしていたが…。
第56回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと監督賞を受賞。

いつもと変わらない日常だった。小さな悩みや不満を抱えつつ校舎を歩いている生徒たち。それが突如、暴力によって一変する。

最近の日本でも、学校で同級生を殺害したり爆発物を仕掛けるという痛ましい事件が続いている。本作品は決して遠い世界の出来事ではない。

痛ましい銃撃事件とクラシック音楽の美しい調べ。詩的なコントラストに浮かんでくる人生の不条理。やりきれない思いが残り続ける。

|

« エリン・ブロコビッチ | トップページ | カイロの紫のバラ »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5203197

この記事へのトラックバック一覧です: エレファント:

» エレファント [ネタバレ映画館]
 ごく日常の高校生活の一幕。役者もわざとらしい演技をすることもなく自然に高校生を演じている。数人にスポットを当てて同時刻を違う角度で撮影していて、背後から彼らを撮っているのだ。イーライがジョンにポーズをとってもらうシーンが何度も出てきて印象に残りました。  おなじみ『ボーリング・フォー・コロンバイン』で衝撃を受けた実際の事件をモチーフにしているのだが、様々な意見を読んでしまった後で観ると、この映画の衝撃度が薄く�... [続きを読む]

受信: 2005/07/28 21:14

» エレファント [映画メモbox]
Elephant(2003年カンヌ国際映画祭 パルムドール&監督賞受賞) 2003年 アメリカ 監督・脚本・編集 ガス・ヴァン・サント 製作 ダニー・ウルフ 製作総指揮 ダイアン・キートン/ビル・ロビンソン 音響デザイン レスリー・シャッツ 撮影 ハリス・サヴィデス 出演 アレックス・フロスト/ジョン・ロビンソン エリック・デューレン他  少年たちの後姿を延々とみていて、 高校のときの退屈だったことを思い出した。 いつに�... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 05:37

» 美しい風景と衝撃的なラスト「エレファント」 [映画好き集れ!!]
美しい風景と衝撃的なラスト「エレファント」1999年に起きた米コロラド州コロンバイン高校の銃乱射事件をモチーフに、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督が、事件が勃発するまでの高校生たちの一日を淡々と描いた青春ドラマ。なお、本作...... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 07:53

» 「エレファント」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
「ヴィレッジ」に続いては、「エレファント」です。 この作品の事に関しては、ホント何も知らなくて、昨日ファボーレの時間表を見て繋がりの一番よいこれにしました。 この作品はカンヌを取っている作品だそうです。モチーフは「コロンバイン高校」。こう書けば大抵の方は想像が付くと思います。 結論からまず書くと、カンヌを取ったとおり玄人受けする作品だと思います。でも裏を返せば絶対に一般受けしない作品でしょう。 アメリカの高校を舞台に、事件�... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 10:17

» エレファント(DVD) [ひるめし。]
いつもと同じ1日だと思ってた。 ジャケットの黄色い色が目に入り印象的だったので内容もよく知らず借りてみた。 かなりの衝撃的な作品。 前半は生徒ひとりひとりを交互に淡々とカメラで追っている。まるでドキュメンタリーの様に。 そして後半の発砲事件が起きても淡々としていている。本当に事件に遭遇してしまたかの様に。 登場している生徒はみんなオーディションで選ばれた本当の高校生らしい。だから妙なリアリティーがあったのか... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 21:33

» 「エレファント」を観た★★★★★ [FindingMovie映画っていいね♪]
・・・。観終えてから、後を引いてしまった・・・。ラスト近くまで静かに流れる美しい映像を観ながらも、ずっと緊張感がありました。評価は分かれるようですが、こういう作風の映画、私はかなり好き。ちょっとアートな感じの淡々とした描写で、"白黒ハッキリさせない""感...... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 01:26

» 「エレファント」 [テキドナぷらすシコウ]
7.30 おうち ストーリー自体が映画っぽくない、ドキュメンタリーみたいにも思える。でも、そういう話になってるからこそ感情を感じ始める前に殺されてしまうあのダサイ女の子とか・・・そうとう虚しい。 高校生のリアルな日常?そんなものみんな分かってるよ。 で!?って... [続きを読む]

受信: 2005/07/31 11:34

» エレファント [PICO*THEATRE ]
いつもの同じ1日だと思ってた。2004/03/27公開公式サイト:〔日本〕 〔アメリカ〕【ストーリー】1999年4月20日(ヒトラーの誕生日)いつもの日常をいつものように送る高校生達。平和な一日、のはずだった…【コメント】「ボーリンク・フォー・コロンバイン」と同じ題材をテーマにし... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 21:05

» 『エレファント』 [逃源郷]
2003年度、カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールと監督署をW受賞した「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」、「ジェリー」のガス・ヴァン・サント監督作品。この「エレファント」の題材は、1999年4月20日、ヒトラーの誕生日にアメリカコロラド州コロンバイン高校で実際に起... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 11:51

» 「エレファント」 [Beer and Tomato]
<感想> 事件当日の模様が再現フィルムのように描かれている。 ストーリー性がないので、カタルシスもない。ドキュメンタリーのように作り手の意図が明示的に示されることもない。 何かの本で(たしか、本多勝一と誰かの対談だったはず)、以下のような内容の文章を読んだ記憶がある。 「テレビのドキュメンタリー番組というものは、一つの作品であるから、視聴者がそれなりの満足感を得るように作られている。いくら作り手がそこで扱った問題について視聴者に考えてほしいと思っても、見終わったあとには一定の満腹感がある... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 04:49

» 「エレファント」 [晴れ、ときどき 三匹と一緒。]
監督: ガス・ヴァン・サント 出演: ジョン・ロビンソン, アレックス・フロスト オフィシャル サイト これは1999年にコロンバイン高校で起こった生徒による襲撃事件をもとに作られた映画。 いつもと同じ朝、いつもと同じ様に登校しいつもと変わらず授業を受...... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 12:27

» エレファント [カフェビショップ]
エレファント 不穏な空気が支配する美しい映像。 いや~、とにかく不穏だな。 なんかこう、大雨が降る前の黒い空みたいな雰囲気なんだな。 いつあの瞬間が訪れるのかってドキドキでした。 普通の学園風景みたいに思える映像がふわ~っと淡々と進んでいくんですけど、 そ..... [続きを読む]

受信: 2005/10/28 23:09

» 映画評「エレファント」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2003年アメリカ映画 監督ガス・ヴァン・サント ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2005/11/27 18:25

» エレファント ELEPHANT [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
2003年カンヌ国際映画祭 パルム・ドール、監督賞 2003年NY批評家協会賞 撮影賞 受賞 ボウリング・フォー・コロンバインと同じ コロンバイン高校乱射事件をドキュメンタリータッチで描いてあります それぞれの高校生が事件に遭遇するまでを それぞれの視点から追っていきます その為スクリーンに何度も同じシーンが映し出されます 高校生達の心理とか、なぜ事件を起こしたか? 日常生活の会話から非常事態に移る感情とか 一切表現してありません 会話も脈絡無く流れ ストーリーとして成り立ってはいませ... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 09:44

» エレファント(Elephant) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ガス・ヴァン・サント 主演 ジョン・ロビンソン 2003年 アメリカ映画 81分 ドラマ 採点★★★★ 学校は、青春を謳歌する楽園ではない。生存競争に勝ち残る事を義務付けられ、フットボール選手やチアガールなどの“ジョックス”と呼ばれる一部の勝ち組を除いた一般生徒..... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 01:43

« エリン・ブロコビッチ | トップページ | カイロの紫のバラ »