« 25時 | トップページ | Blue »

2005/07/18

ラスト サムライ

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:エドワード・ズウィック 

19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン大尉は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな時、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。日本では政府に不満を抱く勝元率いる侍たちが不穏な動きを見せていた。オールグレンはさっそく西洋式の武器の使い方を教え始めるが…。

渡辺謙がゴールデングローブ賞、アカデミー賞のノミネート、真田広之、小雪の好演など日本人俳優がハリウッド映画で大活躍をした記念碑的作品である。しかし、私は駄目だった。確かに西南戦争などがあり、明治政府は反乱する侍たちを制圧した歴史がある。大筋で日本の歴史の流れと合っているのだが、その分、違っている部分が気になってしまう。

まず、侍と対決することになる大村(原田眞人)の描き方が納得できない。明治政府が富国強兵策をとったのは、当時の列強国に対抗するという側面があった筈。本作品には、このままでは列強の植民地になってしまうという危機感が全く欠落しており、私利私欲にためだけに(無論、そういった面もあったであろうが)西洋化を急いだわけでない。大儀と大儀がぶつかりあって、相容れなくなったというところをもっとしっかり描いて欲しかった。これでは何を守るために、何の筋道を正すために侍たちが命を懸けているのか分からない。

それにしても2時間34分の上映時間は長い。省ける場面を多々感じた。最期はいかにもという終り方で私には余分だった。

|

« 25時 | トップページ | Blue »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

いつもコメント+TBありがとうございます!
最後の決戦のシーン、死体が重なる中
トム以外に日本の鎧を着て死んでる
外国人がチラっといてショックでした(笑)

投稿: ケイティ | 2005/07/28 12:24

あんまり深く考えてみないようにしたので、結構頑張って研究したんだなーと逆に感心してしまいました。
謙さんも真田さんも良かったですが、おじーちゃんの侍さんが妙にインパクトあって心に残っています

投稿: chibisaru | 2005/08/23 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/5023419

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト サムライ:

» ラスト サムライ #352 [映画のせかい2]
2003年 アメリカ 154分 舞台は1876年の日本。明治9年である。日本では明治維新、アメリカでは南北戦争の終わった後だ。時代に逆らい頑なに"侍"としての生きる武将・勝元(渡辺謙)と、原住民虐殺を悔やみ酒に溺れるオールグレン大尉(トム・クルーズ)は、共に前時代を引..... [続きを読む]

受信: 2005/07/18 20:12

» ラスト サムライ [雨の日の日曜日は・・・]
ハリウッド2枚目スターの中でも、トム・クルーズは極めて優れた企画力を持つ俳優では [続きを読む]

受信: 2005/07/18 21:58

» 北の零年 [まるっと映画話]
'04年 吉永小百合   吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司等、そうそうたる豪華ベテランキャスト、 そして行定監督を初めとする若いスタッフ。 どういうことになるのか、とっても期待していました。 明治維新の際に、淡路の人々が北海道に移住させられた事実を基に書かれた映画..... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 09:08

» 『ラスト・サムライ』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
2003年度キネ旬5位にランクされた映画ですが、お世辞にも優れた映画とは思えない。まぁ、青い目をした外国人が撮った「日本」だから、ボクら日本人が見て笑っちゃうような時代錯誤があるのは当たり前。だからと言って、今からそのあら捜しをするつもりはないし、そんな時間も... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 09:52

» ラスト サムライ [AML Amazon Link]
ラスト サムライ [続きを読む]

受信: 2005/07/23 05:11

» ラストサムライ [ケイティの映画的生活]
ワーナー・ホーム・ビデオ ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 あらすじ… 感想…  どんな変な映画に仕上がるのか?!  と楽しみに見た映画。  意外や意外!おもしろいではないか!!  ところどころオカシイところはあるものの  まぁ、そのく... [続きを読む]

受信: 2005/07/28 12:07

» ラスト サムライ ~My Collection~ [利用価値のない日々の雑学]
トム・クルーズの主演、渡辺謙・真田広之というトップスターが共演し、日本史と日本文化を始めて忠実に再現したということで話題になったハリウッド作品であるが、正直なところ前評判が高すぎただけに、筆者的には大コケした作品であった。しかしながら、この作品から自身が映画を鑑賞する上で学んだことは意外に沢山あった。そして、上記の理由で日本では興行収入が135億円と、外国映画ではタイタニック、ハリー・ポッターの2作に続いて歴代第4位、DVDセールスも105万枚と歴代第5位という好成績を残している。公開時、劇場でも筆... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 13:15

» 映画『ラスト サムライ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Last Samurai ~侍とネイティブアメリカン~ トム・クルーズ主演のこの映画、渡辺謙が助演男優賞にノミネートされて話題になったけど、相変わらずトム・クルーズは・・・賞に縁がないというか・・・この映画では彼の方が脇役と言っても可笑しくない。物語のほうは「キ... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 02:36

» 映画 ラストサムライ [レイのブログ]
ラスト サムライ 監督 エドワード・ズウィック 出演 トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪 南北戦争で罪のない先住民の子供を殺したネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は心に深い傷を負い、漂流するように生きていた。 そんな折、明治維新直後の日本政... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 21:50

» ラストサムライ [ミュージックファクトリーの活動日記]
こんばんわ、maiです。 今日もさっそく映画についてご紹介したいと思います。 本日ご紹介しちゃう映画はこちら↓ タイトル:ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 主演:トム・クルーズ 出演:渡辺 謙 小雪 この映画はですねー、ネイサン・オールグレインと... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 23:04

» ラスト サムライ (2003) [嗚呼 Every day of a MOVIE]
好き度:★★★★★★★★☆☆ 主演はトム・クルーズ、共演には渡辺謙、小雪、真田広之、ティモシー・スポール。 明治維新直後の1870年、日本政府軍は西洋式の戦術を取り入れることを決断する。南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン(クルーズ)は指導者として来日... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 19:05

» #390 ラスト サムライ [風に吹かれて-Blowin' in the Wind-]
監督:エドワード・ズウィック 製作:エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ 、トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー、スコット・クルーフ、トム・エンゲルマン 製作総指揮:テッド・フィールド、リック・ソロモン、チャールズ・マルヴェヒル、ヴィンセント・ウォード 原案:ジョン・ローガン 脚本:エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ、ジョン・ローガン 撮影:ジョン・トール 音楽:ハンス・ジマー 美術:リリー・キルヴァート 編集:スティーヴン・ローゼンブラム、ヴィクトール・... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 11:36

» ラスト サムライ [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
おすすめ度:★★★  2003年の大晦日にてるさんと一緒に姫路の映画館へ見に行った。何を見に行こうかと相談したら、年末の一番の話題作だったこの映画しかないだろうということで見に行くことに決まった。  見終わったあと、てるさんは普通の映画だったねという感想だ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 12:19

« 25時 | トップページ | Blue »