« ザ・ミッション/非情の掟 | トップページ | ウェディング・シンガー »

2005/07/13

コーヒー&シガレッツ

製作年:2003年
製作国:アメリカ 
監 督:ジム・ジャームッシュ

大して話もできず居心地悪そうなロベルトとスティーブン。双子は変な顔の店員に付きまとわれる。イギーとトムはおかしな自説で禁煙を破る。J・ジャームッシュ監督によるコーヒーとタバコをめぐる11の短編映画集。コーヒーを飲みながら、あるいはタバコを吸いながら、とりとめのない会話が続いてゆくのだが…。

インドでは自国のテレビ番組や映画に喫煙シーンを入れることを法律で禁止されている。海外の作品には、ぼかしが入れられるという。ということは、本作品など最初から上映禁止になるか、日本での大島渚監督の「愛のコリーダ」(1976)のように全編ぼかしだらけになってしまうのでしょうね。

そのように禁煙が世界での常識になっている現在、本作品のような映画を撮るJ・ジャームッシュ監督の反骨心が嬉しくなります。過去の作品を想起させる独特の会話劇をくつろいで楽しむことができます。コーヒー(あるいはティー)と煙草が出てくること、テーブルを上から映すショットを入れることなど、複数の約束事の中で、登場人物の個性が遺憾なく発揮されております。休憩であったり、久々の再会であったり、仕事の交渉であったり、コーヒーと煙草を彩る光景はたくさんあります。

本作品の中で一番気に入ったのは、トム・ウェイツとイギー・ポップの出ている短編。トムの鋭い突っ込みに、イギーが言葉に詰まってしまう表情が抱腹絶倒ものでした。

|

« ザ・ミッション/非情の掟 | トップページ | ウェディング・シンガー »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。DVDで見たんですが、不思議な映画ですねえ。個人的にはビル・マーレーに笑えました。今度の「ブロークン・フラワーズ」期待してます。TBさせてくださいね。

投稿: カオリ | 2006/04/23 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/4955599

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー&シガレッツ:

» コーヒー&シガレッツ [ネタバレ映画館]
 アルフレッド・モリナ・・・ますます好きになってしまった。  作られた年代も様々。登場人物も色々楽しめましたけど、「いとこ同士?」の二人(アルフレッド・モリナとスティーヴ・クーガン)が最高でした。何故だかこのショート・ストーリーだけコーヒーじゃなく紅茶なんですよね。“Are you gay?”の一言で会場は爆笑の渦につつまれましたし、映画だから“スパイク”といえば、スパイク・... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 19:29

» コーヒー&シガレッツ [It's a Wonderful Life]
ジム・ジャームッシュが、カフェのテーブルでコーヒーを飲みながら会話を する同じシチュエーションの短編を11編まとめて映画にしたもの。 映画、というよりCD聴いてるような感じ。 会話しているだけで、特に何も起こらないので退屈と 思う人もいると思いま...... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 19:38

» コーヒー&シガレッツ/宙吊りの自覚 [マダム・クニコの映画解体新書]
冴えないカフェで、コーヒーとタバコをネタに、2人または3人の客が、取り留めの無い会話をする、11話の短編集。  ただそれだけなのに、モノクロの映像とあいまって妙に心に残るのは、コミュニケーションの本質を突いているからだろう。定点観測のような画面の、会話の向こうに透けて見えるのは、人も言葉も、唯一で絶対のものなどない。他者や他の言葉との関係性(差異と反復=差延)によって決定されるのだ、ということ。   �... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 23:05

» 『コーヒー&シガレッツ』 [Rabiovsky計画]
『コーヒー&シガレッツ』公式サイト 監督:ジム・ジャームッシュ 出演: ロベルト・ベニーニ、スティーブン・ライト、ジョイ・リー    サンキ・リー、スティーブ・ブシェミ、イギー・ポップ    トム・ウェイツ、ジョー・リガーノ 2003年/アメリカ/97... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 02:55

» ★★★★「コーヒー&シガレッツ」ケイト・ブランシェット、ビル... [こぶたのベイブウ映画日記]
ゆるゆるの雰囲気を楽しんだ。のんびり味わう11話のオムニバス。何か起こる訳ではないが面白い。思わずニヤッとさせられる。肩の力が入ってないところがいい。ダラダラ居心地のいい時間だった。一番笑ったのはビル・マーレー。ケイトの二役も印象的でした。何か残ったり...... [続きを読む]

受信: 2005/07/17 20:44

» コーヒー&シガレッツ [まつさんの映画伝道師]
第96回 ★★★★(劇場)  コーヒーに煙草は良く似合う。  ついでに言うと、煙草を吸うならマッチに限る。  コーヒーとタバコの愛に溢れた11本ものショートストーリーで構成されたこの映画。多くの有名人が本人を演じているのも興味深い。  しかし、... [続きを読む]

受信: 2005/07/20 09:13

» 劇場感染記「コーヒー&シガレッツ」其の壱 [遥かなる映画道]
アメリカ、インディペンデント界のキング(と僕は勝手に思ってる)、ジム・ジャームッシュ監督が“コーヒー”と“タバコ”をめぐる11のエピソードを綴った珠玉の短編集。 単にコーヒー好き、愛煙家に向けた映画であるはずがなく、(時にずれた)会話と雰囲気は恐らく誰でも..... [続きを読む]

受信: 2005/07/23 04:32

» コーヒー&シガレッツ [Cinema-Absolutism]
コーヒー&シガレッツ  2005/アメリカ  ★★★★★ 監督 ジム・ジャームッシュ 出演 ロベルト・ベニーニ / スティーブン・ライト (STRANGE TO MEET :短編タイトル、以下同)     ジョイ・リー / サンキ・リー / スティーブ・ブシェミ (TWINS)     イギー・ポップ / トム・ウェイツ (SOMEWHERE IN CALIFORNIA)     ジョー・リガーノ / ヴィニー・ヴェラ / ヴィニー・ヴェラ・Jr (THOSE THINGS'LL KI... [続きを読む]

受信: 2005/08/02 02:18

» 『コーヒー&シガレッツ』〜会話は煙る〜 [Swing des Spoutniks]
『コーヒー&シガレッツ』 公式サイト  DVD 監督:ジム・ジャームッシュ出演:ロベルト・ベニーニ ビル・マーレイほか ついついスクリーンで見逃してしまった『コーヒー&シガレッツ』がレンタル開始となったのでさっそくDVDを見てみました……というか、これか....... [続きを読む]

受信: 2005/09/18 17:49

» 映画「コーヒー&シガレッツ」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
■邦題:コーヒー&シガレッツ■原題:COFFEE AND CIGARETTES■上映時間:97分■ジャンル:コメディ・ドラマ■製作国:アメリカ■配給:アスミック・エース■公開:2005/04/02 ■監督:ジム・ジャームッシュ■製作:ジェイソン・クリオット、ジョアナ・ヴィセンテ■脚本:ジ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 19:44

» コーヒー&シガレッツ [生きてるだけで儲けもの☆]
ジム・ジャームッシュ監督が、1986年から18年に渡って 撮り貯めた11本のモノクロ短編集。 どの作品も、登場人物がコーヒーを飲みながら、 あるいはタバコをくゆらせながらの会話劇だ。 セリフの大部分は、だらだらと続くとりとめのないもの。 しかし、ジャームッ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 08:29

» コーヒー&シガレッツ [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
この雰囲気、会話、間。こいつは最高にクールな作品だ! 9月24日にシルバー劇場のオールナイトで観れたのですが、時間が合わない&深夜2:10からの回はちょっと辛そうだったのでやめておきました。 しかしこれは観るべきでした。 劇場でこの雰囲気を味わいたかったです。も...... [続きを読む]

受信: 2005/09/26 21:02

» コーヒー&シガレッツ COFFEE AND CIGARETTES [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
ジム・ジャームッシュ監督 11の短編からなる オムニバス映画 モノクロームで撮られた映画 意外と新鮮に感じられました 内容は ただコーヒー飲み、煙草を吸いながら  取り留めの無い話が永遠と続きます なぜかこの映画を作るのに18年もかかったそうです? さて あなたはどの様に捉えるでしょうか? 非常に変わった内容なのでアートシアター系でしょうね 観ている観客もちょっと変わっていて 変に理屈っぽい人や 気取ったスタイリストさん、自称アーティストさん達 が好んで観る映画じゃないのでしょうか? 私は... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 01:29

» コーヒー&シガレッツ(DVD) [ひるめし。]
ゆっくりと時間が流れる CAST:ロベルト・ベニーニ/スティーヴン・ライト/サンキ・リー/スティーヴ・ブシェミ/ケイト・ブランシェット/ビル・マーレイ 他 ■アメリカ産 97分 う〜ん、モノクロ映像がたまらないね〜。白黒の柄のテーブルが印象的。 ひるめしの代わりにコーヒーとタバコだけなんて、そんなことしたら胃が壊れそう・・・って思ってみたり。 ビル・マーレイのお茶目な店員がおもしろかったり。... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 20:17

» コーヒー&シガレッツ [be-in 別館]
1986年、「サタデー・ナイト・ライブ」から番組用の短編の以来を受け、『妙な出会い』を作成し、同TV他数々の映画祭で紹介されたそうです。 このことからコーヒーとタバコをキーワードに繋ぐ1本の映画にしようとするプロジェクトのきっかけとなったそうです。 ... [続きを読む]

受信: 2005/11/12 18:08

» コーヒー&シガレッツ(2003)アメリカ [LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~]
「コーヒー&シガレッツ」公式HP「至福の時間」☆5 『ミステリー・トレイン』『デッドマン』のジム・ジャームッシュ監督が18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレ..... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 02:20

» 「コーヒー&シガレッツ」ただ流れてゆく上質な時間 [オレの3ダース]
「COFFEE and CIGARETTES」を見ました。 コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)ロベルト・ベニーニ ジム・ジャームッシュ スティーヴン・ライト 角川エンタテインメント 2005-09-09売り上げランキング : 137Amazonで詳しく見る by G-Tools... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 00:44

» コーヒー&シガレッツ [cinema note+]
COFFEE AND CIGARETTES 2003年 アメリカ 別名「カフェイン&ニコチン」 モノクロなのでてっきり昔の映画をDVDにしたのかと思っていたら、途中でケイト・ブランシェットが出てきたのを見 [続きを読む]

受信: 2005/12/08 00:46

» 映画「コーヒー&シガレッツ」(2003・米) [どうせ誰も見てませんからっ☆★]
予告編で見て「ぜひ見たい」と思ってたんですが、ようやくDVDで見ました。 監督/脚本:ジム・ジャームッシュ 【キャスト】 ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト、ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ、トム・ウェイツ、ジョー・リ..... [続きを読む]

受信: 2005/12/08 23:47

» コーヒー&シガレッツ [cinema capsule]
ただカフェでコーヒーを飲んで煙草を吸って人生について話をする−。 ただそれだけのシンプルな映画なのに、何故か心に残ってふとした時に フラッシュバックする。見る人によっては退屈極まりない(たぶん)映画 だと思うけど、私は大好き!ただ、煙草吸うのもいいかもと思わせて しまうのだけが難点(笑)。 11本のショートストーリーが一つになった映画だから、 見る人それぞれお気に入りのパートがあると思うけど、 最初に撮... [続きを読む]

受信: 2005/12/13 23:40

» 「コーヒー&シガレッツ」 [ひらりん的映画ブログ]
2006年1本目のDVD鑑賞作品。 ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。 知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。 [続きを読む]

受信: 2006/01/06 00:18

» 「コーヒー&シガレッツ」 [ムムのときどき映画感想文]
約二ヶ月ぶりの更新です。お久しぶりです。 《作品内容》 舞台はカフェ。テーブルの [続きを読む]

受信: 2006/03/08 20:09

« ザ・ミッション/非情の掟 | トップページ | ウェディング・シンガー »