« 機動警察パトレイバー THE MOVIE | トップページ | 狗神 »

2005/06/14

ローレライ

製作年:2005年
製作国:日本
監 督:樋口真嗣

1945年。広島に原子爆弾が落とされ太平洋戦争は終局を迎えようとしていた。海軍軍令部の浅倉大佐は、さらなる原爆投下を阻止すべくドイツ軍から接収した戦利潜水艦・伊507を使って最後の作戦を実行に移す。現場を離れていた絹見少佐を艦長に抜擢し、テニアン島への奇襲攻撃を命じるが…。

いろんなところで本作品の感想を目にするが、かなり賛否両論が激しく駄目な方は徹底的に批判されております。私もその批評にうなずくポイントも多々ありますし、柳葉敏郎の演技などあまりに作為的で不自然に感じるところもありました。

しかし、自分の中では不思議と許容できてしまっている。過酷な状況に怯むことなく戦い続ける者たち。そんな冒険小説的ドラマを本質的に好み、大いなるロマンを感じたからでしょう。

また、朝倉大佐(堤真一)の抱く作戦を否定することは簡単であるが、それが現代の日本に対して鋭い批評となっていることも忘れがたい。

|

« 機動警察パトレイバー THE MOVIE | トップページ | 狗神 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

初めまして。特撮シーンは今までの潜水艦映画を圧倒していました。この映画は原作を読んでみるとさらに楽しめると思います。征人とパウラのその後も書かれているので、とても味わい深い内容です。

投稿: よしえもん | 2005/06/15 20:42

TBありがとうございました。いろいろ酷評を目にした上で観たせいか、わりと普通に受け止めることが出来ました。寛容さをもって臨めば楽しめる要素もあると思います。でも宣伝の仕方はもう少し考えたほうがいいかもしれないケド。

投稿: かのん | 2005/09/10 23:11

こんにちは♪
原作のイメージを壊したくなかったので劇場では見なかったんです。
でもなぜか見るはめに(笑)
で、人間ドラマとしては上手く描けていたと思いました。
もちろんはしょり過ぎな所はありましたが、それは仕方がないことですし。
で、やっぱり個人的には映像がしんどかったんですよ・・・。
でも今日本映画がやれる最高の技術を集結したと思うので、それは評価したいと思います。
原作に出てきたパウラの兄、フリッツがばっさり抜け落ちていたのは残念でした。
フリッツとパウラ兄妹がドイツでどういう仕打ちを受けてきたか、それを語る映像に工夫が見られたのが印象的でした。

投稿: ミチ | 2005/10/10 20:58

お久しぶりです。そして、どうも~ダメな方グループです(泣)なんか賛否両論多いようですね。でもそれは盛り上がった映画だったと言う事でしょうかね。

投稿: exp#21 | 2005/11/29 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/4551672

この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

» ローレライ [Akira's VOICE]
日本が世界に向けて誇れる戦争アクション感動ドラマ大作映画! 二回泣きました。 [続きを読む]

受信: 2005/06/14 18:38

» ローレライ [a story]
主演役所広司、妻夫木聡、香椎由宇 監督樋口真嗣 脚本鈴木智 製作2005年、日本 萌えSF 日本を代表する特技監督の樋口真嗣が実写で初メガホンを取った戦争シュミレーション映画。原作は福井晴敏の小説『終戦のローレライ』。 第二次世界大戦末期、同盟国ドイツは降... [続きを読む]

受信: 2005/06/14 18:56

» ローレライ [ネタバレ映画館]
 3月10日、東京大空襲の日に観に行きました。今回は、珍しくあちこちのレビューを読んでから観に行くという反則技をとってしまったのです。すると、アニメオタク、ヤマト、ガンダム、エヴァ、『U-ボート』、『K-19』等々のキーワードを拾うことができました。アニメなんて花の子ルンルン以降観てないなぁ・・・  日本映画での潜水艦ものは50年くらい作られていなかったらしい。そう考えれば、まずまずの出来だったのだろう�... [続きを読む]

受信: 2005/06/14 19:02

» 「ローレライ」試写会にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
3月6日日曜日に北日本新聞サービスセンター 映画の集い 『ローレライ』試写会が開かれ、抽選に当たったので独りで淋しくいってきました。 北日本新聞とは富山県で発行されている地方新聞です。富山県、て日本の真ん中あたりなのに何故北日本なのかは不明・・・ 上映前には『交渉人 真下正義』の予告編が流されました。本家『踊る・・・』よりも面白そうな感じが漂います。 さて本題の『ローレライ』 製作は『踊る大捜査線』の�... [続きを読む]

受信: 2005/06/14 20:39

» 原作「終戦のローレライ」 [映画大好き!]
名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ・・・五島列島沖の海底に投棄された特殊潜航艇の中でパウラが口ずさんでいた曲であり、轟沈してゆくローレライの乗組員達が唱和していた曲です。... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 20:44

» 『ローレライ』 [京の昼寝〜♪]
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『亡国のイージス』) ■脚本 鈴木智 ■キャスト 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤 真一、石黒 賢、佐藤隆太、ピエール瀧 1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾が大戦の終局を告げようとしていた。 海軍軍令部の浅倉大佐�... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 00:48

» ローレライ 評価額・1000円 [Blog・キネマ文化論]
●ローレライをTOHOシネマにて鑑賞 広島に落ちた原子爆弾が大戦の終局を告げよう [続きを読む]

受信: 2005/08/25 00:58

» ローレライ [Rohi-ta_site.com]
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を呼び出すと、ドイツ降伏後、日本海軍が密かに入手していた潜水艦「伊507」の艦長に任命し、日本を救うため原爆を積んだ爆撃機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。 定員にも満たない、寄せ集めの乗組員達を厳しい訓練で鍛えながら..... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 11:57

» ローレライ 今年の174本目 [猫姫じゃ]
ローレライ   はまりますた。 この手の映画、大好きです。   この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。   何で、この時期に、戦争映画??   そ... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 16:00

» ローレライ/役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇 [カノンな日々]
劇場に観に行く気満々だったのに、予告編のCGのしょぼさにがっかりしてやめたこの作品。案の定、評価は賛否両論真っ二つでしたね。断片的ながらもおおまかな映画の感じはだいたい掴んだ上に、兄弟映画?「亡国のイージス」を先に観てしまってるから、もう怖れるものは何も....... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 18:39

» ローレライ [ぷいん/映画レビュー]
ローレライ スタンダード・エディション 2005年 128分 ★★★☆☆ 監督:樋口真嗣 出演:役所広司/妻夫木聡/柳葉敏郎/香椎由宇 海が舞台の映画って難しい。 それは、どうしてもちゃちに映ってしまうから。 映画に予算をかけられない日本映画だと余計に。 そう思ってま..... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 20:57

» ローレライ・・・・・ [サクっと]
ローレライ スタンダード・エディション これけっこう話題でしたね 「ローレライ」 また妻夫木くんか・・・ 戦争ものでもちょっと違うみたいですね [続きを読む]

受信: 2005/09/29 09:00

» ローレライ [僕の中の世界]
 『ローレライ』を観た。  ずっと観ようと思っていたんだけど、なんとなく観る機会がなくてDVDレンタルを待っての鑑賞となった。感想はCGが多すぎていまいち迫力に欠ける感じ。確かに役者さんの演技、とくに役所さんの演技は迫力があって、日本を命を懸けて守ろうと...... [続きを読む]

受信: 2005/10/06 19:03

» 「ローレライ」 [NUMB]
[続きを読む]

受信: 2005/10/08 14:19

» DVD「ローレライ」 [ミチの雑記帳]
DVDにて「ローレライ」★★★☆☆ 原作を読んでいるので、イヤな予感のする映画は絶対に見ないぞーと誓い、劇場では見ずじまいで済ませたのに・・。 家の者がレンタルしてきてしまった。 ストーリー:1945年8月、広島へ原爆が投下された直後の日本。“鋼鉄の魔女”と呼ばれた潜水艦が、最終兵器“ローレライ”を搭載して、ある任務のために港を出発した。 福井晴敏の「終戦のローレライ」は映画化を前提として書かれた作品�... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 20:51

» 「ローレライ」 [Cinemania 〜ムム's selection〜]
「も〜、これはたまらん!」と思えるような心揺さぶられる映画に最近出会ってない気がします。ここ最近見たもので一番私の血を沸騰させたものといえば「ガンジー」なわけですが、それ以来何だか・・・。こう心から感動できるような作品に出会えない日々が続くと、私は何も感... [続きを読む]

受信: 2005/10/27 02:56

» 映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思..... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 23:25

» 『ローレライ』   特撮映画といえる映像世界 [enjoy! MOVIE☆LIFE]
ポニーキャニオン ローレライ スタンダード・エディション 出演■役所広司、柳葉敏郎、堤真一、妻夫木聡 他・・・ 監督公■樋口真嗣 <ストーリー> 1945年。浅倉大佐は、さらなる原爆投下を阻止すべく、最後の作戦を実行に移す。切り札はドイツ軍... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 01:02

» 「ローレライ」 [ひらりん的映画ブログ]
日本映画の潜水艦モノ・・・。 劇場公開時に、まっDVDでもいいかっ・・くらいだったので、 DVDで見てみました。 [続きを読む]

受信: 2006/01/14 22:26

« 機動警察パトレイバー THE MOVIE | トップページ | 狗神 »