« ピアニスト | トップページ | 夜を賭けて »

2005/06/28

ハッシュ

製作年:2001年
製作国:日本
監 督:橋口亮輔

ペットショップで働く直也は気ままなゲイライフを送っており、周囲にゲイであることを隠しもしない。それに対して、土木研究所で働く勝裕は、自分がゲイであることを隠して生きている。そんな2人はやがて付き合うようになっていく。ある時、二人は歯科技工士の朝子と偶然に知り合うが…。

もちろん橋口亮輔監督の演出によるものでもあるだろうが、片岡礼子、高橋和也、田辺誠一の3人が素晴らしい。それぞれの悲しみや怒り、喜びが、ヴィヴィッドに伝わってきます。そして、秋野暢子の迫真の演技にも感嘆しました。

ゲイに関連したジョークをたくさんとり入れ、クスクスと笑わせながら、新しい家族のあり方をさらりと描く。人間描写が卓越しており、独特の雰囲気が映画全体を包んでおります。

ラストシーンがまたいいです。ほのぼのとした情感を残します。

|

« ピアニスト | トップページ | 夜を賭けて »

製作年:2001年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/4748792

この記事へのトラックバック一覧です: ハッシュ:

» ハッシュ★★★★ [マダム・クニコの映画解体新書]
40歳を前にして、子供を生もうかどうかと迷う女性は多い。女性の出産には、タイムリミットがあるからだ。十年位前に、知人がそうやって駆け込み子作りをした。彼女を見て、同世代の女性たちは刺激を受け、とりあえず作っておこうかと、相手探しを始めたのには驚いた。もちろん結婚するつもりは毛頭ない。  家族神話はとっくに崩壊している。女性たちは「出産」という、男性には味わえない体験を一つの「快楽」として捉え、子育てす�... [続きを読む]

受信: 2005/06/29 09:16

» 堪えられない夜には《無限の荒野で君と出会う日》 [アロハ坊主の日がな一日]
私の好きな日本映画で『ハッシュ』というのがある。 『無限の荒野で君と出会う日』の著者橋口亮輔氏は、この 映画の監督なのだ。この書籍に書いてあったのだが、“ハ ッシュ”とは、英語で「シッ!」という擬音。人差し指を 立てて口に当てる「静かに」という意味。『ハッシュ』は、 人生を半ばあきらめてしまった30代のひとりの女性と、 二人のゲイの男性が子ども作ろうとする話である。「静か に」というのは、つまり赤ん坊が寝ているからで、子作り 作品のテーマにかけている(余計な解釈は、野暮ですな)。... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 23:46

» ハッシュ! [お気に入りの映画]
これはだいぶ前に見たのでどんなラストか忘れてます。 2001年 日本映画 監  督 橋口亮輔 出  演 田辺誠一、高橋和也、片岡礼子、秋野暢子、富士真奈美、光石研、つぐみ、沢木哲 あらすじ ペットショップで働く直也(高橋和也)は、ゲイで、勝裕(田辺誠一)と一緒に暮らしている。勝裕は同僚の女性に好意を寄せられていて、それを拒めない自分を情けなく思っている。 歯科技工士の朝子(片岡礼子)は、人との関わりを諦めた生活を送っていた。 感  想 朝... [続きを読む]

受信: 2005/08/24 20:09

« ピアニスト | トップページ | 夜を賭けて »