« A2 | トップページ | 鬼が来た »

2005/05/25

世界の中心で、愛をさけぶ

製作年:2004年
製作国:日本
監 督:行定勲 

朔太郎と婚約した律子が結婚を目前にしたある日、「心配しないで」と書き置きを残し失踪してしまう。朔太郎は彼女の行き先が2人の故郷である四国だと知り、すぐさま後を追う。だが故郷をたどるうち、しまいこんでいた初恋の相手、アキの記憶が次々と甦ってくるのであるが…。

医学的にはどうなのかはっきり分らないが、あまりにも辛い記憶はどこかに封印され、日常生活で全く思い出さないってことって有り得ると思います。成人した朔太郎(大沢たかお)がカセットテープを聞きながら、昔の記憶を甦らせていく設定が興味深い。単なる回想シーンではなく、生々しい現実味がそこにある。

そして、アキを演じた長澤まさみのキラキラ輝くような瑞々しさも際立っている。髪を落とし丸坊主姿もいとわない心意気にも感服した。

私がもっとも敬愛するアーティストである佐野元春の「SOMEDAY」がその時代を象徴するナンバーとして使われていたのも非常に嬉しかった。

|

« A2 | トップページ | 鬼が来た »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!私も佐野元春の「SOMEDAY」が流れてきた時には、当時の想い出がそれこそ走馬灯のように思い浮かび、ダイレクトにこの映画の青春が感じ取ることが出来ました(^o^;

投稿: chibisaru | 2005/08/23 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/4275310

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ:

» 世界の中心で、愛をさけぶ [a story]
主演長澤まさみ、大沢たかお、森山未來、柴咲コウ 監督行定勲 脚本坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲 製作2004年、日本 青春のレクイエム 高校時代の恋愛と大人になってからの恋愛を交差させながら描いた純愛ストーリー。 松本朔太郎(大沢たかお)の婚約者の律子(柴咲... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 18:25

» 世界の中心で、愛をさけぶ [ウギーの蹴球七日 -蹴球・映画・旅行日記-]
いまさらながらDVDで借りてきて見てみました。上映当時はまだアメリカに住んでいたので見られなかったのですが、本で読んでいてずっと気になっていたのです。映画が流行っているのは知っていたので、どんなものなのかなと。 で、見てみての感想。僕は原作よりもこっちの方がいいかな、、、。微妙に(というか、かなり)話の筋が変わっていて、映画の方がちょっと現実味がないかな、なんて思いましたが、それでも本... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 21:53

» 切なさって突然やってくる [soramove]
「世界の中心で、愛を叫ぶ」★★★★(旧作) 長澤まさみ、森山未來、大沢たかお、柴咲コウ主演 大ヒット映画をWOWOWで見た。 邦画をあまり評価せず、 ハリウッド映画が好きなので そういう斜めの目で見た。 予告で「助けてください!」はもちろん、 自分的に...... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 21:59

» 『世界の中心で、愛をさけぶ』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
“初めての恋”、“帰らざる青春の思い出”、“永遠の誓い”、“白血病”‥‥、 きっと恋する乙女が聞いたなら、すぐにも飛びつきそうな題材ではございますが、 すでに40間近のオイラにとっちゃ少々こっぱずかしく感じちゃう(笑)。... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 08:03

» 世界の中心で、愛を叫ぶ [PICO*THEATRE ]
僕は君を生きていく。2004/05/08公開公式サイト:〔日本〕【ストーリー】愛することを見失ってしまった男が、かつて亡くした恋人の思い出と再開したことで、現在の恋人との愛に希望を見出し歩き出すまでを描いた純愛作品。【コメント】…そもそも、このタイトルからして「エヴァン○... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 21:14

» 映画(世界の中心で、愛をさけぶ) [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
アキとサク・・・そして律子・・・「ここに来て、世界の中心が何処にあるか解ったよ・・・」そう・・・それは・・・・・ぼくたちの心の中にあるんだね・・・。 最愛の人の死と今の愛を、大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみらが四国・高松を舞台に切なく演じる。 「わたし、忘れられるのが怖い... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 12:18

» #391 世界の中心で、愛をさけぶ [風に吹かれて-Blowin' in the Wind-]
監督:行定勲 原作者:片山恭一 出演者:大沢たかお 、柴咲コウ 、長澤まさみ 、森山未來 、山崎努 、天海祐希 、杉本哲太 2004年日本 恋人を亡くした男はその後どう生きていくのか・・・ 実はもっと重たい映画かな?と思っていました 前知識まったくなかったので、意外と軽めに描かれていたのがちょっと不思議に思いましたネ 心をえぐるような情念と言うのは、あまり表現されていなくて、過去の恋愛をアルバムをめくるように思い出していく様は、ちょっぴりセンチメンタルな気分にさせてくれる 消化しきれなかっ... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 11:21

» 世界の中心で、愛をさけぶ [欧風]
昨日の「世界」の紹介では、私とした事が、取り乱してしまいました。今後このような事がないように、綱紀粛正を図ると共に、遺憾の意を表明致します。でも賠償はしません(^_^)。 世界といえば、そんな取り乱して「料亭行きたい!」なんて言っちゃって怒られる作品よりも、なんと言っても「世界の中心で、愛をさけぶ」でしょう!本日地上波初登場!って事で、TBS系でノーカット放送されてましたね~。皆さん観ました?しかしCMの入り方がトートツだったな。しかも途中でタイガース優勝の速報入るし。そんなの入れたらみんな日... [続きを読む]

受信: 2005/09/29 23:24

» TV「世界の中心で、愛をさけぶ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
映画を観ないで、ドラマを少し見ていた。ストーリーもほとんど知っている状態で観た。ドラマのほうが良かったという意見、映画のほうが良かったという意見に分かれると思いますが、私は映画のほうが好きかなぁ。どうしても、山田孝之と緒形直人よりも森山未来と大沢たかお...... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 21:31

» 世界の中心で、愛をさけぶ セカチュー [サイケデリック レボリューション]
いまさら説明不要のセカチュー。片山 恭一の著作。 朝のワイドショーで、ブーム前の火の付き始めのころ紹介されていて、柴崎コウが泣きながら読みましたってのを見て、即購入。 読んでみました。 ダメダメです。これは・・・ まず、恋愛描写にリアリティを感じら...... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 23:56

» 世界の中心で、愛をさけぶ [ともやの映画大好きっ!]
【2004年・日本】TVで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆) 片山恭一原作のベストセラー小説を、行定勲監督で映画化した本格ラブ・ストーリー。 結婚を控えていた朔太郎(大沢たかお)は、婚約者・律子(柴崎コウ)の突然の失踪に困惑する。律子の行き先が四国と知り、彼女を追って四国へ向かう朔太郎。しかし、そこは朔太郎の故郷であり、彼の初恋の相手にして最愛の人・アキとの思い出が眠る場所でもあった。朔太郎は次第に初恋時代の思い出の中に迷い... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 01:45

» 世界の中心で、愛をさけぶ [お気楽生活]
今日、TVで「世界の中心で、愛をさけぶ」を放映してましたね。 この映画は、ロードショーで観て以来…ビデオで数回観ました。でも、何回観ても涙が出ます…良い映画です。 この映画の素晴らしさは、柴咲コウがウォークマンで聞いた… 「どしてかなー、眠れないの。明日が来..... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 11:45

» 世界の中心で、愛をさけぶ [kae-ruのBlog]
今日は大沢たかおさん、柴咲コウさん、森山未來さん、長澤まさみさん主演の「世界の中心で、愛をさけぶ」TVでを観ました   高校時代、初恋の相手だったアキ(長澤まさみ)を病気で失った朔太郎(森山未來)。それから十数年がたち、大人になった朔太郎(大沢たかお....... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 15:22

» 世界の中心で、愛をさけぶ [I'm TK]
テレビでやっていたので、観た。 [続きを読む]

受信: 2005/10/05 23:59

» 「世界の中心で、愛をさけぶ」〜渡されなかった最後のテープ [お茶の間オレンジシート]
2004年監督/行定勲出演/大沢たかお 柴咲コウ 長澤まさみ 森山未来 山崎努恋人の行方を捜す朔太郎は、奇しくも十数年前病死した高校時代の恋人・アキの思い出と向き合うことになる。学校生活での出来事、無人島への旅行、彼女の発病・入院など、アキの残したカセット...... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 15:00

» 世界の中心で、愛をさけぶ(TV) [ひるめし。]
CAST:大沢たかお/柴咲コウ/長澤まさみ/森山未来 他 観るつもりはなかったんだけど丁度TVでやるから(どうやらノーカット版)時間あるときに観てみようと思い録画しときました。 こりゃ〜・・・長澤まさみのための映画だね。彼女が主演って言ってもいいんでない?若さピチピチの体当たり演技でした。 意外にも柴咲コウがおいしい役だったような・・・。 少々ツッコミ所があったけれど、最後は朔太郎が亜紀... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 19:54

» 「世界の中心で、愛をさけぶ」 [こだわりの館blog版]
東宝 世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション 特集【日本映画を語ろう!】 柿落としは【今の日本映画を語るに欠かせない3監督】としまして 行定勲、阪本順治、岩井俊二を取上げたいと思います。 本日から3日間は新作「春の雪」も公開間近な、「今最も... [続きを読む]

受信: 2005/10/25 01:52

» 世界の中心で、愛をさけぶ (2004年/日本) [cube1555.com]
昨日、月9のドラマを見ていたのだ。 未來くんを見て、「セカチュー」を思い出した私。 (関係ないけど、伊東美咲を見て、女子バレー) ごそごそと、 取り出しましたさ。「セカチュー」 実は、DVDを持ってたりして[:モゴモゴ:] はじめに、 原作を読んだのですよ。 友達に、ものすごーーーーーーーく薦められて。 で、 なんだこれ。 うっとうしいし、泣け!ネタだし、 どうしろってんだ。(ホント、失礼!) ゼッタイ、観に行かない!!! ... [続きを読む]

受信: 2005/11/17 22:19

» 世界の中心で、愛をさけぶ [Bon voyage!]
朔太郎は、自分の結婚を現実と感じることに抵抗があった。ある日、婚約者の律子が、留守番電話にメッセージを残して突然、失踪してしまう。律子の行き先が四国であることを偶然知った朔太郎は、律子を追いかけ、四国へ向かった。そこは、自分の故郷であり、朔太郎の初恋の相手・アキとの思い出が眠っている場所でもあった。 大沢たかおと森山未來のチョイスがばっちり{/onpu/} この二人顔が似ていると感じたのは、�... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 22:16

» 世界の中心で、愛をさけぶ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「10月28日 どうしてかなー・・・眠れないの。 明日が来るのが怖くて、眠れないの。 あたし・・・もうすぐ死ぬと思う。」 「あのね。私たち、もう会わないほうがいいと思うの。 あなたと過ごした、永遠の、何分の1かの時間が、 あたしの生涯の宝物です。...... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 02:02

» 映画 「世界の中心で、愛をさけぶ」 鑑賞レポート [STABLO.G|スタブロのブログ]
今日テレビで映画「世界の中心で、愛をさけぶ」が放送された。 原作小説こそ見ていないものの、以前DVDで観た作品。 そんな前振りを無視する私は映画放送の時間、フジテレビの「とんねるずの石田さんのおかげでした」を見てゲラゲラ笑っていたのだが、せっかくの機会なの...... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 01:33

« A2 | トップページ | 鬼が来た »