« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 戦場のピアニスト »

2005/05/26

鬼が来た

製作年:2000年
製作国:中国
監 督:チアン・ウェン

ある夜、日本占領下の小さな村に暮らすマーの家に突然男が現れ、銃を突きつけて2つの麻袋を1週間預かるように強要される。袋の中身が日本兵の花屋とその通訳であることを知り、長老たちと相談したマーは村の安全を重視し、言われたとおりに花屋たちを隠すことにするが…。
第53回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞。

緊張感みなぎる白黒映像の凄さ。そして、最後の場面で一転、映像はカラーになる。ここにチアン・ウェン監督の強いこだわりを覚えます。

そのラストシーンのカメラの動きは日本映画「子連れ狼 死に風に向う乳母車」(1972)と同様であるそうです。これは映画仲間から教えてもらった事ですが、全く知らなかったです。チアン・ウェン監督がそれを観ていたかどうかまで分らないですが、いずれにしても興味深い話です。

本作品の過酷な状況を綴った香川照之の撮影日記を読んだことがありますが、ユーモアに溢れ魅了されました。

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 戦場のピアニスト »

製作年:2000年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/4288716

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が来た:

« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 戦場のピアニスト »