« ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ | トップページ | UNLOVED »

2005/04/28

六月の蛇

製作年:2002年
製作国:日本
監 督:塚本晋也

何日も雨が降り続く六月の東京。りん子は心と健康の電話相談室に勤めている。ある日、彼女は自殺しようとする男の相談電話を受け取った。りん子はその相手を励まし、なんとか自殺を食い止めることができた。だが、それをきっかけにその男からスト-カー行為を受けることになるが…。
第59回ベネチア国際映画祭のコントロコレンテ部門で審査員特別大賞を受賞。

本作品を課題とした合評会に出席する機会がありました。この映画を観る前に、結末に至るまでのドラマ展開や演出のキーポイントを知っておりました。それでも飽きることなく観ることが出来たのは、ブルーグレイのモノクロ映像に圧倒的な美しさを感じたからでしょう。

塚本監督は暴力的な衝動により、自己の秘められた本能を覚醒させていくドラマをテーマに映画を撮り続けている。本作品はロマンポルノのような濃密な官能世界に留まらない。現実と非現実が折り重なったその表現は、そのテーマをより深く重いものへと進化させている。塚本ワールドのひとつの到達点だと感じさせる完成度。

|

« ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ | トップページ | UNLOVED »

製作年:2002年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3895688

この記事へのトラックバック一覧です: 六月の蛇:

» 六月の蛇★★★★★ [マダム・クニコの映画解体新書]
 “人間は死を意識することによって、初めて生を確認できる”をテーマに、ストーカーの男によって覚醒させられる夫婦のありようを描いている。ストーカーという行為は、都市が内包するひとつの闇ではあるが、闇によってしか覚醒させることができないほど病んでしまった現代社会の状況を象徴している。  このストーカーの職業のカメラマン。人とはレンズ越しにふれあうだけで、暗室に閉じこもって一人で作業をすることが多�... [続きを読む]

受信: 2005/04/29 00:36

» 六月の蛇 [わたしの見た(モノ)]
タイトル: 六月の蛇 初回限定版 塚本晋也監督 「六月の蛇」 コンパクトにまとまった秀作。 自らを抑圧する妻・りん子(黒沢あすか)、 潔癖症の夫・重彦(神足裕司)は、 セックスレスの夫婦。 彼女の勤める「心の健康センター」電話相談室に、 自殺予告の電話を掛けてきた男・道郎(塚本晋也)。 りん子を主軸に、自我の解放、崩壊、再生を描いている。 青みがかったモノトーンの映像、雨が非常に�... [続きを読む]

受信: 2005/05/16 17:13

» 六月の蛇 [瀬口映画組合]
前述「鉄男�」を代表として肉体的で暴力的な表現で人間を描いてきた塚本作品ですが、この「六月の蛇」で一転します。 本作の主人公は冴えない中年男とデザイナーズマンションに暮らす美人若妻で、自慰行為の盗撮写真をネタに脅迫を受けるようになる・・・という物語。脅迫..... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 17:58

» 『六月の蛇』この映画を見て! [オン・ザ・ブリッジ]
第47回『六月の蛇』見所:「美しい青みがかったモノクロ映像。都会の中で繰り広げられる男女の愛と倒錯の世界。」  今回紹介する映画は第59回ベネツィア国際映画祭審 [続きを読む]

受信: 2006/02/22 15:13

« ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ | トップページ | UNLOVED »