« オペラ座の怪人 | トップページ | 刑事ジョン・ブック 目撃者 »

2005/04/09

ブレードランナー

製作年:1982年
製作国:アメリカ/香港
監 督:リドリー・スコット

2019年、植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが…。

何度観ても、近未来の退廃感に満ちた描写が素晴らしい。酸性雨が降り続く本編から晴れ渡るラストシーンへの対比が鮮やかです。

レプリカントのボスを演じたルドガー・ハウアーが圧倒的な存在感。決まりきった悪役でなく、哀しみに満ちたキャラクターとなっており、ずっしりと心に残り続ける。

|

« オペラ座の怪人 | トップページ | 刑事ジョン・ブック 目撃者 »

製作年:1982年」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。
「ブレードランナー」は大好きな映画です。
ロイ・バディを演じるルドガー・ハウアーは最高でした。

投稿: samurai-kyousuke | 2005/05/26 19:37

TBありがとうございました。

”夜と雨のシーンから晴れわたるラストシーン”、この部分が最終版ではカットされているので残念です。
どちらが良いかは、両方を見比べてみないとなんとも言えませんから。
でも劇場公開版はなかなか見つかりません。(涙)

ルトガー・ハウアー、最高でした。

投稿: つっきー | 2005/05/28 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3624410

この記事へのトラックバック一覧です: ブレードランナー:

» 「ブレードランナー」その2 [samuraiの気になる映画]
最近、私がよくおじゃましているakumanoaijinさんのブログ「五十路の恋--とっても猫が好き--」とつっきーさんのブログ「つっきーの徒然草」で「ブレードランナー」が取り上げられていました。 という事で秘蔵のLDを引っ張りだして鑑賞いたしました。やっぱり最高!! 特にルドガー・ハウアー演じるロイ・バディが死んで行く場面は何回見ても落涙してしまいます。 降り続く雨の中、鳩を抱いたままバディは微笑み、そして言います 「人間には信じられないようなものを俺は見て来た。オリオン座の近くで燃える宇... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 19:32

» ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版 [つっきーの徒然草]
『エイリアン』をはじめ、リドリー・スコット監督の作品を結構、観ているなぁと思いました。 『ブラック・レイン』『テルマ&ルイーズ』なんかすごく好きな作品です。 『 [続きを読む]

受信: 2005/05/28 06:04

» ブレードランナー [かたすみの映画小屋]
『ブレードランナー』と最初聞いた時には「刀の走者?剣の舞?」とか思って、どういう意味だったのか分からなかったのですが、実は今も分かっていません(苦笑)。 [続きを読む]

受信: 2005/05/28 15:54

» 映画 《 Blade Runner 》< ブーレードランナー > 1982年 [お呼びじゃない?]
映画 《 Blade Runner 》< ブーレードランナー > 1982年 私の勝手な評価 ★★★☆☆ 2019年の未来を描いた映画。公開が1982年だから37年後を描いた映画だったが、すでに時は2005年。あと14年後に車が空を飛んで、人間そっくりのアンドロイドがいて、そのアンドロイドが、人間に反逆する。なんてことになるんだろうか?ロボットはかなりいい線までいっている。しかしはたして勝手に成長する人工知能ができるかどうか。空飛ぶ車もかなり厳しいんでは。以前新聞に空飛ぶ車の写真..... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 15:02

» ブレードランナー 最終版 [MOVIE SHUFFLE-映画専門BLOG]
『BLADE RUNNER: THE DIRECTOR'S CUT』 アメリカ/1992 監督:リドリー・スコット 出演:ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー ショーン・ヤング     エドワード・ジェームズ・オルモス ダリル・ハンナ     ブライオン・ジェームズ ジョアンナ・キャシディ 「グラディエイター」のリドリー・スコット監督の名を知らしめたSFハードボイルドの傑作。 今なお根強い人気を誇る作品である。 原作はフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 13:55

« オペラ座の怪人 | トップページ | 刑事ジョン・ブック 目撃者 »