« ネバーランド | トップページ | L.A.コンフィデンシャル »

2005/04/18

ニューオーリンズ・トライアル

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:ゲイリー・フレダー

ニューオーリンズの証券会社で16人を死傷させる銃乱射事件が発生。犯人は自殺した。この事件で夫を失ったセレステはベテラン弁護士ローアを雇って、犯人の使用した銃の製造メーカー、ヴィックスバーグ社に民事訴訟を起こす。会社は存亡に関わるこの裁判に陪審コンサルタント、フィッチを雇い入れるが…。

前半はぞくぞくするほど展開に目を奪われ、画面に引き込まれる。まず陪審コンサルタントという仕事があるのかという驚き。候補者の思想・心理等をスパイのように調べ上げ、自分たちの陣営に有利な陪審員を選び出す過程が興味深く描写されている。いかにもアメリカ社会だと思わせる。

そして謎の男ニック(ジョン・キューザック)の人物描写も秀逸。何気ないところで、只者でないことを感じさせる。

だが、後半に入って直接的な暴力場面が多くなり、少しトーンダウン。この種のドラマは知的攻防でずっと引っ張って欲しかった。そしてニックが陪審員を操るディディールをもっと見たかった。

|

« ネバーランド | トップページ | L.A.コンフィデンシャル »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3756367

この記事へのトラックバック一覧です: ニューオーリンズ・トライアル:

» ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 by ジョン・キューザック [東京右往左往]
マイケルジャクソンの陪審裁判無罪判決を聞いて最初に思い出した映画。 日本でも導入 [続きを読む]

受信: 2005/06/21 00:15

» ニューオーリンズ・トライアル [雨の日の日曜日は・・・]
法廷モノはピンとこない映画も多いのですが、これはとてもスリリングな映画でした。 [続きを読む]

受信: 2005/07/11 13:59

» 「ニューオーリンズ・トライアル」 [Beer and Tomato]
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 / ジェネオン エンタテインメント ISBN : B0002B5A7A ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY 監督:ゲイリー・フレダー 原作:ジョン・グリシャム 『陪審評決』 脚本:ブライアン・コッペルマン、デヴィッド・レヴィーン、マシュー・チャップマン、リック・クリーヴランド 出演:ジョン・キューザック、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、レイチェル・ワイズ、ブルース・マッギル、ジェニファー・ビール... [続きを読む]

受信: 2005/07/15 03:17

» ニューオリンズ トライアル RUNAWAY JURY [自然に生きる 映画に生きる]
ジョン キューザック、レイチェル ワイズ共演(2003年) レイチェル ワイズが最近気になってるので借りてみました。 率直な感想。結構面白かったです。最初から最後まであっという間でした。 陪審コンサルタントという面白い職業!?陪審員達の背後、過去、弱みまで全て調べ上げるという凄腕チーム。何かの映画に似てるな・・と思ったけど思い出せませんでした。 脇役としてダスティ ホフマン、ジーン ハックマンが出てるけど、ダスティ ホフマンの信念を貫く姿や勝訴し原告の家族と話しながらコーンブレッ... [続きを読む]

受信: 2005/09/27 10:41

« ネバーランド | トップページ | L.A.コンフィデンシャル »