« レディ・ジョーカー | トップページ | アンテナ »

2005/03/16

鏡の女たち

「鏡の女たち」★★★★(BS)
2002年日本 監督:吉田喜重
出演:岡田茉莉子 田中好子 一色紗英 室田日出男

東京郊外の閑静な住宅街に住む川瀬愛。娘・美和は20歳の時に家出をし、4年後に帰ってきた。だが美和は娘の夏来を生むと、赤子を残し再び姿を消してしまう。24年後、愛のもとに、市役所から連絡が入るのだが…。

鏡の中に映る自分の姿。それは自分であって自分でない不思議な存在。そこにアイデンティティーの暗喩を感じました。

自分の存在意義が見出せない苛立ちから、鏡を割ってしまう美和(田中好子)。

映画のタッチはかなり硬質で、演劇的台詞廻しが緊迫感を高める。名脇役、室田日出男の最後の映画出演作品としても記憶しておきたい。

|

« レディ・ジョーカー | トップページ | アンテナ »

「★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3322566

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡の女たち:

« レディ・ジョーカー | トップページ | アンテナ »