« トリコロールに燃えて | トップページ | ロマンシング・ストーン 秘宝の宝 »

2005/03/11

ゴシカ

K162708552

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:マチュー・カソビッツ

女子刑務所の精神科病棟で働く女医のミランダは、ある雨の夜、帰宅途中に不気味な少女を目撃し事故を起す。気がつくと、夫殺しの殺人犯として精神病棟に隔離されていた。ミランダはその夜の記憶をなくしていたが…。

もっと別のタイプの映画を予想していたのだが、悪い意味で裏切られてしまった。ヒロインが「理屈じゃない!」と言う場面があるが、いくら超自然現象が出てくるにしても、ある程度の必然性、論理性を最低限保っていないと映画は壊れてしまう。

少なくともヒロインが本当に精神障害を患っているのかどうかの疑惑をもっと大切に扱って欲しかった。そうすれば、もっとミステリー色が強まり、集中して観ることができたであろう。

|

« トリコロールに燃えて | トップページ | ロマンシング・ストーン 秘宝の宝 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3257792

この記事へのトラックバック一覧です: ゴシカ:

» ゴシカ [鑑賞文]
ワーナー・ホーム・ビデオ ゴシカ 特別版 〈2枚組〉 はっきし言ってこの映画のペネロペは全然綺麗くないです! それどころかイっちゃってます。(>_<) でもハル・ベリーは綺麗だったなぁ。 時々ジェニファー・ロペスに見えるのは私だけ? 最初の二人の... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 11:13

» 映画「ゴシカ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
共演に『ブロウ』『バニラ・スカイ』のペネロペ・クルスもいるのだが、ほとんどはオスカー女優ハル・ベリーの一人舞台といってもいいぐらいの映画といえる。目新しさなどはないのだが、展開の早さと意外性が飽きさせない。題材としては、よくある日本のホラー映画を観てるよ... [続きを読む]

受信: 2005/07/25 02:28

» ゴシカ [雨の日の日曜日は・・・]
マリン・スポーツに縁のない私にとって、夏はホラー映画の季節である。 うんとうんと [続きを読む]

受信: 2005/07/26 12:23

» 「ゴシカ」 [Beer and Tomato]
ゴシカ / ワーナー・ホーム・ビデオ ISBN : B00017YVC0 ゴシカ (2003) GOTHIKA 監督:マチュー・カソヴィッツ 脚本:セバスチャン・グティエレス 出演:ハリー・ベリー、ロバート・ダウニー・Jr、ペネロペ・クルス、ジョン・キャロル・リンチ、チャールズ・S・ダットン、バーナード・ヒル <ストーリー紹介> 女性犯罪心理学者が、「うらめしや~」と出てくる幽霊に取りつかれる。 彼女は「私は幽霊の存在なんて信じない」と頑張るのだが・・・。 <... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 04:44

» 【ゴシカ】 [ただの映画好き日記]
刑務所の精神病院で働く女性医師ミランダは、最愛の夫ダグラスを殺した容疑で逮捕されてしまう。事件当時の記憶がまったく失われた彼女の身に、いったい何が起こっていたのか? 2003年/米/マチュー・カソヴィッツ ホラーは苦手。 でも、これくらいのソフトなものなら観られるぞ。 ワケの解らんホラーは観られないな。キモイし、コワイし。 特に書く事もないのだけれど、 結局、ミランダ(の肉体)は殺ってないの? そ�... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 22:51

» 『ゴシカ』 [Rappikoの映画生活]
サスペンスか・・・ホラーか・・・。いや、ホラー映画ファンの方にとってはこの程度はなんでもないんでしょうが、私はこの手は苦手です。なんか、後ろを振り向きたくなくさせる映画ですよね。... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 16:03

» ゴシカ [レンタルだけど映画好き ]
WHY Me?なぜ、私なの? 2003年 アメリカ 監督 マチュー・カソヴィッツ 出演 ハリー・ベリー/ロバート・ダウニー・Jr/ペネロペ・クルス/チャールズ・S・ダットン/ジョン・キャロル・リンチ/バーナード・ヒル/ドリアン・ヘアウッド  あらすじ 優秀な犯罪心理学者のミランダは、夫が監督している女性専用刑務所の精神病棟で働いていた。患者の中には殺人犯クロエのように、事実とも作り話とも判断つかない恐ろしい拷問や暴力を告白し、彼女を混乱させる危険な女性もいた。ある夜、ミランダは帰宅途中... [続きを読む]

受信: 2006/02/11 23:17

« トリコロールに燃えて | トップページ | ロマンシング・ストーン 秘宝の宝 »