« カンフーハッスル | トップページ | エリザベス »

2005/03/31

ケミカル51

製作年:2002年
製作国:アメリカ/イギリス/カナダ
監 督:ロニー・ユー

薬理学者の夢を断たれ、ドラッグ精製人に身をやつしたエルモ。開発したばかりのドラッグ"POS51"の直取引のため、ボスを裏切りロサンゼルスからリヴァプールに渡る。だが、ボスが放った殺し屋によって取引が妨害される。彼はチンピラのフィーリクスと組んで、取引を進めようとするが…。

原題が“The 51st State”と言うことで、イギリスはアメリカの51番目の州ではという皮肉になっている。が、そこでイギリスらしさというのは何かというと、自動車の走行車線が違うとかサッカー狂であるという事が挙げられているぐらいで、アメリカ人に対する敵愾心のみが強調されている。そこら辺をもう少し詳しく描いて欲しかった。

ロバート・カーライルは本当にこういう役柄がよく似合う。キャラクターに真実味を感じます。1990年代後半、元気だったイギリス映画を支えた一人であることを再認識します。

|

« カンフーハッスル | トップページ | エリザベス »

製作年:2002年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3509776

この記事へのトラックバック一覧です: ケミカル51:

» ★★「ケミカル51」サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・カ... [こぶたのベイブウ映画日記]
私には理解できないネタの数々、思いきりツボを外してしまった。どこで盛り上がっていいのか、どこで笑っていいのか微妙でした。どうしてエルモが裸になるのか、ラストシーンも分からなかった。この映画で面白かったのは、サミュエルのキルトスカート。ロバート・カーライ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/19 03:24

« カンフーハッスル | トップページ | エリザベス »