« 鏡の女たち | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー »

2005/03/17

アンテナ

0668aa0d44df3ef40dfa913d458c3e69

製作年:2003年
製作国:日本
監 督:熊切和嘉

大学生・祐一郎は、幼い頃に妹・真利江が失踪したことで、現在も自責の念に苦しんでいた。当時、真利江の隣に寝ていたのに気づかなかった彼を、母・房江は責め続けた。房江はその事件以来、宗教にハマってしまう…。

妹が突如消えてしまった喪失感。残された家族はその傷が癒えぬまま、心の中で血を流しつづける。現在は使用されず森の中に取り残されたままの鉄塔。家族に傷を思い出させる象徴であろうか。

押しつぶされそうな閉塞感と緊張感に満ちた家。兄弟で壁を壊すことが再生の一歩。

加瀬亮の演技をほめる批評を多く目にするが、私が一番印象深いのは母役の浅丘めぐみ。最後にクレジットを見るまでは、当人とは思わせないほど、重い存在感を見せる。

|

« 鏡の女たち | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/3333945

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ:

» 家族は再生する [soramove]
「アンテナ」(DVD)★★★ 加瀬亮主演、2003年 加瀬亮演じる主人公の妹が 失踪したことで 崩壊していく家庭。 どうしても原作者の 田口... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 00:55

» 田口ランディの「アンテナ」 [わたしの見た(モノ)]
中原俊監督、つみきみほ出演したというこで「コンセント」を鑑賞。 心理学、シャーマン、オカルト、エロスを織り交ぜた内容で、 非常に解りにくい題材。 正直、映画は消化不良の感がした。   田口ランディ原作「アンテナ」。 熊切和嘉監督作品。 「コンセント」に続く本作は、 静かで、緊張化のある画面に釘付けとなった。   祐一郎は、幼い頃に妹・真利江が失踪したことで自責の念に駆られ、 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/16 20:19

» アンテナ [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:加瀬 亮/小林明実/宇崎竜童/麻丘めぐみ/原作:田口ランディ/脚本:宇治田隆史/熊切和嘉/監督:熊切和嘉/作品『アンテナ』を観ました。 ●ストーリー 15年前に起きた長女・荻原真利江 (甲野優美)の失踪事件がトラウマとなり、自傷行為で自分を苦しめ続ける大学生の長男・祐一郎(加瀬 亮)は、弟・祐弥(木崎大輔)が錯乱し、入院したのを切欠に実家へと戻る事になる。 実家に居る、母・房江(麻丘めぐみ)も真利江失踪後に宗教へと走り、家族はバラバラの状態だった。 やがて、祐..... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 18:59

« 鏡の女たち | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー »