« 嵐が丘 | トップページ | アタック・ザ・ガス・ステーション! »

2005/02/10

オールド・ボーイ

製作年:2003年
製作国:韓国
監 督:パク・チャヌク

一人娘の誕生日の夜、泥酔したサラリーマン、オ・デスは、何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。なぜ監禁されたか理由は明かされないまま15年が過ぎた。ある日突然、デスは解放されるのだが…。
2004年第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞。

中盤まで、謎を追い駆けていくミステリー的展開に引き込めていきました。そして、この結末。こういう理由もあったのかという驚きを感じました。

そこに本作のオリジナリティーがあります。人間心理の闇を見る思いです。

ただ私にはチェ・ミンスクの過剰な演技が重たかった。

|

« 嵐が丘 | トップページ | アタック・ザ・ガス・ステーション! »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2874086

この記事へのトラックバック一覧です: オールド・ボーイ:

» オールド・ボーイ [CINEMA IN/OUT]
パク・チャヌク監督作品(2003年・韓国) 原作: 土屋ガロン 出演: チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、ミドチ・デハン、キム・ビョンオク、オ・ダルス、ユン・ジンソ 他 日本の漫画が原作の韓国映画で、2004年カンヌ映画祭グランプリを獲った作品。DVDのパッケージじゃないですけど金槌で頭殴られたような衝撃を受けました。原作の面白さもあると思いますが、チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョンの3人の演技の素晴らしさ、演出の良さが大きいと思います。いろいろと衝撃的なシーンもあり... [続きを読む]

受信: 2005/04/14 22:08

» オールド・ボーイ [ある在日コリアンの位牌]
タイトル: オールド・ボーイ プレミアム・エディション  2004年、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した話題作。原作は日本のコミックです。  主人公のチェ・ミンシク(「シュリ」出演)は、突然、拉致され15年間、監禁されます。誰が? 何のために? も分からずに15年後、解放されます。  チョ・ミンシクは復讐に燃え、かすかな手がかりをもとに糸をたどるように真相に近づい�... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 18:38

» オールド・ボーイ [裏の窓から眺めてみれば]
監督:パク・チャヌク出演:チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン/チ・デハン30点満点中20点=監4/話4/出4/芸4/技4 【誰が、なぜ、俺を15年も監禁したのか!?】 娘への誕生日プレゼントを買っての帰途、何者かに誘拐され、ビルの一室らしき場所に監禁されたテス。ようやく解放されたのは、15年も後のことだった。その間、テスには妻殺しの汚名が着せられ、娘は外国人に引き取られてヨーロッパへと渡っていた。失意の中でテスは、日本料理店で出会った女性ミドとともに謎解きを始める。誰が、なぜ……? やがて、彼... [続きを読む]

受信: 2005/05/03 12:55

» オールド・ボーイ [be-in 別館]
2004年カンヌ映画祭グランプリ受賞作品です。 ネタバレで色々と語り合いたい作品でした。 こういうイタイ韓国映画って結構好きかも〜〜(^^ゞ あまりこの系統は知らないのでいいのがあるよ〜って教えて下さいねm(__)m 本館の感想はこちらから... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 00:58

» オールド・ボーイ [映画大好き!]
土屋ガロン(狩麻撫礼)の異色漫画を「JSA」「復讐者に憐れみを」のパク・チャヌク監督が映画化したものです。その衝撃の結末にはただ絶句するしかありませんでした。そしてこれほど手の込んだ復讐に没頭するウジンの狂気には背筋が寒くなります。厳重な緘口令が敷かれ、スタッフの契約書に... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 23:59

» オールド・ボーイ [猫姫じゃ]
オールド・ボーイ   原作は、日本の漫画なのね。 おもしろいんだケド、なんかねぇ、、、 ラストまではほんとに、引き込まれて見てしまいましたが、 最後の方は、よくわかんないわ。 自分の記憶を消したってこと?? みんな救われない、、、 映画としては、絵も... [続きを読む]

受信: 2005/06/29 01:28

» オールド・ボーイ [cinema note+]
どギツイ映画だった。儒教の国で、よくここまで作ったなって感じ。原作が漫画だけに、漫画チックで笑える要素もあるけど、やっぱり展開はキツかった。韓国映画って濃いなぁ。主人公のチェ・ミンシクは短髪だと普通のおっさんだが、長髪パーマでかっこいい中年オヤジに早がわり。敵方の... [続きを読む]

受信: 2005/07/18 12:29

» オールド・ボーイ [a story]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007INYIU/astory04-22">主演チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン 監督パク・チャヌク 脚本パク・チャヌク、ファン・ジョユン、イム・ジュンニョン 製作2003年、韓国 呪われた舌 十五年間理由もわからずに監禁さ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 15:14

» 『オールドボーイ』  15年後の開放、それは壮絶な結末への幕開け [enjoy! MOVIE☆LIFE]
?? ジェネオン エンタテインメント オールド・ボーイ プレミアム・エディション 出演■チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン 監督■パク・チャヌク 「こんな凄い映画(色んな意味で)観たこと無い・・・!」と鑑賞後思う、心を打ちのめす衝撃的な作品。... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 00:27

» 【オールド・ボーイ】 [ただの映画好き日記]
オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。 [続きを読む]

受信: 2005/12/21 16:32

» 映画『オールド・ボーイ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Oldboy 日本生まれ韓国育ちが世界を席巻、チョット大袈裟だが、そこまで言っても非難はされないだろう、それほどに凄い衝撃の近親相姦と復讐の物語。 物語はあまり感心しない男デス(チェ・ミンシク)が、酔っぱらったうえに我が子へのお土産も置き去りに拉致される... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 01:11

» オールド・ボーイ [カフェビショップ]
オールド・ボーイ 復讐という名のガソリンが人を突き動かす。 復讐ってやり遂げたところで、何かあるわけでもないんですよね。 復讐すること、そのものが目的であって、完遂されたところでどうにもならん。 気分が晴れるわけでもないし、失ったものが戻ってくることもな..... [続きを読む]

受信: 2005/12/23 23:07

» <オールド・ボーイ[R-15指定]>  [楽蜻庵別館]
2003年 韓国 121分 監督 パク・チャヌク 製作 キム・ドンジュ 脚本 パク・チャヌク  ワン・ジュヨン    イム・ジュンヒュン 撮影 チョン・ジョンフン 音楽 イ・ジス  チェ・スンヨン    シム・ヒョンジュン 出演 オ・デス:チェ・ミンシク    イ・ウジン:ユ・ジテ    ミド:カン・ヘジョン    ジュファン:チ・デハン    パク:オ・ダルス    ハン:キム・ビョンオク    ヒョンジャ:イ・スンシン... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 01:57

» 映画評「オールド・ボーイ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2003年韓国映画 監督パク・チャヌク ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2005/12/31 14:39

» オールド・ボーイ [39☆SMASH]
『オールド・ボーイ』 あらすじ 『妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日にいきなり誘拐され、狭い部屋に監禁されてしまう。理由も知らされないまま監禁は続き、その間食べる物は与えられたが、外を見ること...... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 11:40

« 嵐が丘 | トップページ | アタック・ザ・ガス・ステーション! »