« 父と暮せば | トップページ | 嵐が丘 »

2005/02/08

美しい夏キリシマ

「美しい夏キリシマ」★★★(DVD)
2002年日本 監督:黒木和雄
出演:柄本佑 小田エリカ 原田芳雄 香川照之

1945年、夏の霧島地方。15歳の康夫は働いていた工場で空襲に見舞われ、親友が被爆死するのを目の当たりにする。以来、それが原因で体を壊し、祖父の家で療養している。厳格な祖父・重徳は康夫を非国民と罵倒するが…。2003年度キネマ旬報日本映画第1位作品。

戦時中に生き残ったことで死者に対して罪悪感を抱くというのは、「父と暮らせば」に共通するモチーフであり、黒木和雄監督の思いがヒシヒシと伝わってくる。

主人公の康夫(柄本佑)だけでなく、他の登場人物もみな暗い負い目を抱いている。それが美しい夏の風景を背景に、明確に浮かび上がってくる。

|

« 父と暮せば | トップページ | 嵐が丘 »

「★★★作品」カテゴリの記事

コメント

初めて関係者試写会に招待された映画です。映画サークルのメンバー4人で観ました。

全員評価は★★★★でした。

監督の思いが伝わってくるという点では、「父と暮らせば」も観たかったです。

投稿: | 2005/03/15 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2851557

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい夏キリシマ:

» 美しい夏キリシマ ★★★★ [マダム・クニコの映画解体新書]
登場人物のそれぞれが、身近に“死”を体験し、そのトラウマを抱えながら生き長らえざるを得なかった終戦前後の厳しい現実。本作は、そのことを風化させないために、現代の... [続きを読む]

受信: 2005/03/15 01:03

» 美しい夏キリシマ [impression]
1945年、戦時中の混乱の中で、日高康夫は働いていた工場で空襲に見舞われ、親友が被爆死するのを目の当たりにする。以来、一人生き残ったことに罪悪感を抱いてしまい、それが原因で体を壊し、彼は学校に行けなくなっていた。純粋さゆえに自分を見失っていく15歳の少年と、懸命に生きる人々の姿... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 13:25

» 『美しい夏キリシマ』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
近年ボクが日本映画を観た中で、これぞ“真のベストワン”だと確信する、、『美しい夏キリシマ』だ。同時に、ボクがここ数年で観た反戦映画の中では出色の出来栄え‥‥いや、あの『戦場のピアニスト』さえ凌ぐ近年反戦映画の最高傑作だ。日本映画の“美しさ”を失わず、日本... [続きを読む]

受信: 2005/07/24 07:25

» 【美しい夏キリシマ】 [ただの映画好き日記]
1945年、夏。満州から引き上げてきた中学3年の日高康男(柄本佑)は空襲のショックで病となり、祖父(原田芳雄)の住む霧島で療養生活を送っていた。敗戦の影が静かに忍び寄る8月、日高家をはじめ、周囲の人々の生き様も少しずつ変化していく中、日々罪悪感を募らせる康男は、空襲で爆死した沖縄出身の親友の妹に会いに行くが…。(Amazon.co.jpレビューより) 2003年/日/黒木和雄 戦地にいる兵士達だけが戦っているのではなく、... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 22:38

» 美しい夏キリシマ [アスカ・スタジアム]
 この映画を観た夜、私はある夢を見た。それは少年時代の戦争体験と関連していた。大和撫子と謳われた当時の日本女性のモンペ姿や、就寝前に寝床に釣った蚊帳が懐かしくもあり、その一方で、過去の忌まわしさから回避したい衝動にも駆られた。  ここ霧島連峰を望む片田舎には、本土決戦に備えて日本軍が駐留していた。豊島一等兵(香川照之)と密通する宮脇イネ(石田えり)は、日高家の奉公人、なつ(小田エリカ)の母だが不幸な女性であった。 死に... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 07:03

« 父と暮せば | トップページ | 嵐が丘 »