« ドリーマーズ | トップページ | 死刑台のエレベーター »

2005/02/02

五月のミル

「五月のミル」(BS)★★★
1989年フランス 監督:ルイ・マル
出演:ミシェル・ピッコリ ミュウ=ミュウ
    ミシェル・デュショーソワ ドミニク・ブラン

1968年、南仏ジェールのヴューザック家。当主の夫人が急死する。時は五月革命でストが続くなか、苦労して駆けつけた家族達はさっそく遺産分配を話はじめる。家を売ろうという話に長男のミルは怒りを爆発させるが…。

都市生活者達は葬儀を迅速に終えて戻りたいが、5月革命のため滞在を余儀なくされる。刺々しい家族達の関係が南フランスの明るい太陽に照らされ、笑顔に変わっていく。

そんな家族の団らんの場を簡単になくしてしまっていいのかという問いかけを、ルイ・マル監督は子供の視線からシニカルに描く。

ステファン・グラッペリのバイオリンの音色が優しく響きます。

|

« ドリーマーズ | トップページ | 死刑台のエレベーター »

「★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2782467

この記事へのトラックバック一覧です: 五月のミル:

» ★★★「五月のミル」ミシェル・ピッコリ、ドミニク・ブラン、ミ... [こぶたのベイブウ映画日記]
五月革命とお葬式がバッティング!お婆ちゃんが亡くなったのに、悲しんでいるのは黒ネコだけなの。家族は、遺産分配しか頭になくて、お祭り騒ぎしているみたい・・。蜂、ザリガニ、葬儀屋のスト、墓を掘る使用人、野宿、恋の芽生え・・。能天気・お金持ちフランス人たちの...... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 21:20

« ドリーマーズ | トップページ | 死刑台のエレベーター »