« 彼女たちの時間 | トップページ | ドリーマーズ »

2005/01/31

かげろう

「かげろう」★★★(DVD)
2003年フランス 監督:アンドレ・テシネ
原作:ジル・ペロー「Le Garcon aux yeux gris」
出演:エマニュエル・ベアール ガスパール・ウリエル
グレゴワール・ルプランス=ランゲ クレメンス・メイヤー

1940年。戦争で夫を亡くしたオディールは、パリから13歳の息子フィリップと7歳の娘カティを車に乗せ、ドイツ軍の侵攻から必死に逃れていた。だが車が爆撃に見舞われてしまう。そこで17歳の青年イヴァンと出会うが…。

死の恐怖と向かい合わせとなり、イヴァン(G・ウリエル)と離れたくても離れられないオディール(E・ベアール)の
苛立ちや疲労感。

父親の形見であった腕時計を手に入れたことで、父親の役割を託されたイヴァン。彼らは閉ざされた空間の中で
擬似家族となっていく。戦時下とは思えない安らいだ生活を過ごすが、それも長くは続かない。敗残兵が立ち寄り、狂っていた時間が正されたとき、終焉を迎える。

E・ベアールの巧みな演技が光る一編。

|

« 彼女たちの時間 | トップページ | ドリーマーズ »

「★★★作品」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。『かげろう』の記事を書いたので、検索してきました。TBもさせていただきます。
いくつか過去の記事を読ませていただきましたが、映画に対する深い愛情を感じます。★5つの中では、「アンダーグラウンド」「誰も知らない」「阿修羅のごとく」「地獄の黙示録・特別完全版」「カイロの紫のバラ」「初恋のきた道」あたりは私も5つになるでしょうか。
それでは、また寄らせていただきます。

投稿: カロンタンのエサやり人 | 2005/09/17 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2762076

この記事へのトラックバック一覧です: かげろう:

» かげろう [CINEMA CHECK!]
かげろう       <ストーリー>第2次大戦下、フランス。戦争未亡人のオディール(エマニュエル・ベアール)は、二人の子供とともに、戦火を逃れるため、パリを離れ、南へ向かっていた。しかし、途中でドイツ軍の攻撃に遭い、見知らぬ青年、イヴァン(ギャスパー・ウリエル)に助けられる。その後、その青年と、行動をともにするのだが・・・。 <感想>フランス映画にしては、メリハリのあるストーリーで楽しめました。 戦火の中、パリから、避難していた人たちの死を目の当たりにして、見知らぬ青年と森の中に逃..... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 22:27

» かげろう [Cinema-Absolutism]
かげろう  2003/フランス・イギリス  ★★★ 監督 アンドレ・テシネ 出演 エマニュエル・ベアール / ギャスパー・ウリエル ■あらすじ■  ナチス軍に追われ、南を目指すパリの民衆の中に、夫をなくした教師であるオディール(ベアール)とその息子、娘もいた。道中で突然の爆撃を受けるが、見知らぬ青年(ウリエル)に助けられた彼女らは、戦火を避けるため彼と一緒に古い屋敷に住むことになる。  静謐な作品。  冒頭の爆撃シーンは、それまでの混沌とした田舎の車道(もちろん戦火の影は... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 00:12

» 『かげろう』〜戦時中、静かな夏の森、緊張感に満ちた心の漂い [カロンタンのいない部屋から]
今日もたまった映画の感想。これで8月にみた分が書ききります。 2003年フランス アンドレ・テシネ監督 95m. 8月11日観 WOWOWにて収録 H015 【introduction】ちょっと苦手なA・テシネ監督作ですが、エマニュエル・ベアールにひかれて観。『8人の女たち』のメイドは異彩を放っていたし、ハリウッドスター目白押しの『デブラ・ウィンガーを探して』でのさすが欧州女優というムード、そして04年のカンヌ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 01:42

» かげろう [ケイティの映画的生活]
LES EGARES ポニーキャニオン かげろう [監督]アンドレ・テシネ [出演]エマニュエル・ベアール      ギャスパー・ウリエル あらすじ…  1940年6月、フランス・パリ。  この戦争で夫を亡くした教師のオディールは、  13歳の息子フィリッ... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 16:43

« 彼女たちの時間 | トップページ | ドリーマーズ »