« この世の外へ クラブ進駐軍 | トップページ | 天国の青い蝶 »

2005/01/26

風の歌が聴きたい

「風の歌が聴きたい」★★★★★(BS)
1998年日本 監督:大林宣彦
出演:天宮良 中江有里 勝野洋 入江若葉

昌宏は3歳のときに罹った風邪が元で耳が聞こえなくなった。中学生の時に文通している奈美子も聾唖者である。二人は様々な困難にぶつかりながら互いに励ましあい、結婚する。共に過酷なトライアスロンへの挑戦を始めるが…。

多彩な登場人物を細やかに描いており、奥行き深い話になっている。特に登場する場面こそ少ないが奈美子(中江有里)の姉が印象深い。彼女の孤独がさりげなく描かれ、大林監督の巧さを感じる。

そして、昌宏(天宮良)の父親の言葉が胸に残る。「耳が聞こえないのなら、目で見えるものを楽しめ」、「なくしたものを数えるな」など、大いに勇気づけられる名言であった。

|

« この世の外へ クラブ進駐軍 | トップページ | 天国の青い蝶 »

「★★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2702540

この記事へのトラックバック一覧です: 風の歌が聴きたい:

» 風の歌が聴きたい [ヒトコトシネマレビュウ]
★ある夫婦の挑戦を人間の目線で描く風の歌が聴きたい デラックス版1998/日本 監督:大林宣彦 脚本:大林宣彦、中岡京平、内藤忠司もし自分が、事故や病気で何らかの障害を負ったとして、周囲の人々から哀れんで欲しいと思うだろうか。可哀想と思われることは、考える以上に、窮屈で屈辱なのか... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 14:19

« この世の外へ クラブ進駐軍 | トップページ | 天国の青い蝶 »