« モンスター | トップページ | マルコヴィッチの穴 »

2005/01/18

バッファロー‘66

「バッファロー‘66」★★★★★(DVD)
1998年アメリカ 監督:ヴィンセント・ギャロ
出演:ヴィンセント・ギャロ クリスティナ・リッチ
 ベン・ギャザラ アンジェリカ・ヒューストン

5年の刑期を経て出所してきたビリー。トイレを借りに寄ったダンススクールで偶然会ったレイラを拉致する。ビリーは両親に仕事で家を離れ、結婚したと偽っていたのだ。彼はレイラに妻の代役を頼むが…。

どうしようもないほど身勝手でわがまま、そして自意識過剰な男ビリー(V・ギャロ)。普通であれば唾棄したくなるような人物であるが、なんと魅力的に描かれていることか。

キング・クリムゾンなど音楽の挿入が絶妙な効果を与えている。

C・リッチのタップダンスが名場面。何度見ても楽しめる。

|

« モンスター | トップページ | マルコヴィッチの穴 »

「★★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2615843

この記事へのトラックバック一覧です: バッファロー‘66:

» バッファロー’66 [kitajan.net]
これは非常に後を引く映画だった。 「ヴィンセント・ギャロ」という男の強烈な個性に引き寄せられる形でついつい見入ってしまう、そんな不思議な魅力に溢れている作品。 ... [続きを読む]

受信: 2005/02/06 02:36

» 「バッファロー'66」 [Beer and Tomato]
バッファロー'66 / ポニーキャニオン バッファロー'66 (1998) BUFFALO '66 監督:ヴィンセント・ギャロ 脚本:ヴィンセント・ギャロ、アリソン・バグノール、クリス・ハンレイ 出演:ヴィンセント・ギャロ、クリスティナ・リッチ、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・ギャザラ、ロザンナ・アークエット、ミッキー・ローク <ストーリー紹介> 刑務所から出所してきたビリーが、通りすがり... [続きを読む]

受信: 2005/05/11 03:54

» ■バッファロー'66/ブラウン・バニー [*Hello Nico World]
『バッファロー'66』(1998)アメリカ 1966年ニューヨーク州バッファロ [続きを読む]

受信: 2005/09/04 21:11

» 新しい恋の始め方◆『バッファロー'66』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
5年ぶりに刑務所から出所したビリー(ヴィンセント・ギャロ)。しかし、バッファローに住む両親には、自分は結婚して政府の仕事で海外に行っていたと嘘をついていた。 電話で両親に「妻を連れて帰る」と思わず見栄を張ってしまい、困ったビリーは、いきなり見ず知らずの女性...... [続きを読む]

受信: 2005/09/15 12:00

» 辛くて優しくて痛くて甘い バッファロー'66 [暁を撃て!]
映画監督で脚本家で音楽家で俳優でレーサーで詩人でカメラマンでモデルで画家。「暁を撃て!」今回は、そんな寺山修司もびっくりの才人、ヴィンセント・ギャロの入魂の映画です。 [続きを読む]

受信: 2005/09/28 21:53

» 「バッファロー'66」 [私が観た映画]
「バッファロー'66」(Buffalo'66) 1998年アメリカ 監督 ヴィンセント・ギャロ 出演 ヴィンセント・ギャロ    クリスティナ・リッチ あらすじ  1966年ニューヨーク生まれのビリー。彼は五年ぶりに刑務所から釈放され故郷に帰る事になる。だがビリーは、この五...... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 12:19

» バッファロー’66(BUFFALO'66) [イマ ミタイ エイガ]
刑務所から出てきた男は両親についた小さなウソのために、 ちょっとしたきっかけで出会ったレイラを誘拐する。 彼は刑務所に入っていたことを隠していたのはもちろん、 自分は結婚していると言っていたのだ。かくして、レイラと 男は両親の家に向かうのだが… 。 レイラを..... [続きを読む]

受信: 2005/10/28 23:10

« モンスター | トップページ | マルコヴィッチの穴 »