« いたいふたり | トップページ | バッファロー‘66 »

2005/01/17

モンスター

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:パティ・ジェンキンス

1986年、フロリダ。ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果て、自殺する覚悟を固めたアイリーン。有り金の5ドルを使い果たそうと入ったバーで、彼女はセルビーと運命的な出会いを果たすが…。
第76回アカデミー賞でシャーリーズ・セロンが主演女優賞を受賞。

佐野元春は“SOMEDAY”の中で「信じる心、いつまでも」と歌っている。アイリーン(シャーリーズ・セロン)は悲惨な境遇に暮らしていても、いつか愛する人と出会えると信じている。

鏡の中で自分の顔を見つめる場面が何度か出てくるが、自分の夢が叶うことを疑わない心情の表れだと思いました。

彼女がセルビー(クリスティナ・リッチ)と会ったことは、結果として報われることはなかった。だが、愛したことを決して後悔していない。光の中に消えていくラストシーンが力強く響く。

|

« いたいふたり | トップページ | バッファロー‘66 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2604503

この記事へのトラックバック一覧です: モンスター:

» モンスター [月影の舞]
TBのお題がこれ? “映画ジャンル”第一弾のお題が「最近観た映画」って。 映画ジャンルの人って、みんな毎回観た映画のことを 書いているんじゃないの?  他のジャンルの人へのお題ならわかるけど、何を今更って 感じだし、あまりに漠然としてるよね。 じゃあ、私は「最近観た単館映画館 涙編」でいこうかな。 『モンスター』    監督:パティ・ジェンキンス   ... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 10:39

» モンスター [のんびり映画日記]
お金のために身勝手に連続殺人を犯した「モンスター」、アイリーン・ウォーノスの映画。 彼女がどんなに不幸な境遇にあろうとも、どんな理由があろうとも、人を殺すことは許されない。 気の毒な背景があっても、罪なき人をたくさん殺した彼女に同情してはいけない。 そう思っても、なんだか悲しくてやり切れない気持ちになる。 不幸な育ちで、社会の差別を受け、犯罪に身を染めて、救いもなく死んでいくアイリーン。 彼女のような人は、いったい何のためにこの世に生まれてきたんだろう。 人は幸せになるために生ま... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 00:09

» 『モンスター』、観ました。 [肯定的映画評論室Blog支店]
シャーリーズ・セロンに想いを寄せるオイラにとっちゃ、正直あまり見たくはない光景だった‥‥(笑)。『サイダーハウス・ルール』でみせた、あの女神のような裸体は見る影もなく、ブヨブヨ弛(たる)んだお腹に成り下がり、『バガー・ヴァンスの伝説』で出会った、あの優雅... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 14:06

» モンスター 今年の127本目 [猫姫じゃ]
モンスター   シャーリーズ・セロン の熱演。さすが!2004年アカデミー主演女優賞 です。 この人は、わざわざ太ったんでしょ?でも、、、 クリスティナ・リッチ って、、、書くわyo!  奇形??   ちょっと、コメントしにくいです。 これは、... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 00:49

» 「モンスター」 [Cinemania 〜ムム's selection〜]
何だか痛いなぁ、悲しいなぁ・・・。誰かアイリーンを救ってやってください。《あらすじ》どしゃぶりの雨の中自殺を考えたたずむアイリーン。小さな頃から家庭環境にも恵まれず、体を売ることでしか生きていくことが出来なかった彼女は“いつか誰かが私を迎えに・・・”という希望も... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 20:12

» モンスター [しーの映画たわごと]
モンスター しー 評価 70点 サスペンス色が強いのかと思ったけど、実話を脚色したヒューマンドラマ仕立てだったようです。 見終わって、ブログサイトなど廻ってみましたけど、反響の多い作品ですね。 ちょっと意外。。。いやかなり意外。 多方面で見聞きす... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 11:47

» モンスター [ネタバレ映画館]
 久々に泣いてしまいました。  体重を13キロも増やして体当たり演技で殺人鬼アイリーン役に臨んだC・セロン。同性愛のために家族から、社会から疎外感を感じている孤独な女性を演ずるC・リッチ。ともに演技は最高でした。説明調の前置きも少なく、実際の事件についても予備知識がほとんどないという状況においても、二人の演技(特に表情)が運命的な出会いを見事に演出していました。“娼婦”であることにたじろがず、職業への貴賎に対して�... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:12

» モンスター [気ままに〜ひとりごと日記]
シャーリーズ・セロンが主演女優賞を受賞した作品 連続殺人事件の実話を元に作られた映画なのですが、 この事件の事を知っていたら、もっと楽しめたと思う 連続殺人をする事に理由があったという事を描いているけれど なぜ…そこまでさせるのか?という事が分からなかった。 アイリーンとセルビーが出会う前の出来事とかも描いてあったら 共感出来たかもしれないと思いました。 評価:★★☆☆☆ 点数:30点 モンスター 通常版 �... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:33

» モンスター [cinema note+]
不幸にまっしぐらのストーリーで、滅入りそうになった。アイリーンの不幸な身の上はわかるけど、自分の都合で殺人を重ねるのにはどうにも納得できなかった。アイリーンに対して悲しさを感じるのは、殺人を起こしたことよりも、セルビーとの温度差。あんなにもセルビーのことを想ってる... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 00:08

» 「モンスター」 [るるる的雑記帳]
「モンスター」を観ました(本家・fab*funにもup)。 [続きを読む]

受信: 2005/08/18 19:35

» モンスター [ハイジのシネマパラダイス]
モンスター 監督・脚本:パティ・ジェンキンス 出演:シャーリーズ・セロン クリスティーナ・リッチ ブルース・ダーン リー・ターゲンセン アニー・コーレン 日本配給:ギャガコミュニケーションズ ★★★★★★★☆☆☆ シャーリーズセロンに女優魂を見... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 00:28

» 映画『モンスター』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Monster  -愛した故に重ねた罪のモンスター- 実在のストリートガールで女性連続殺人犯(1986年)となったアイリーン(シャーリズ・セロン)と同性愛者の少女セルビー(クリスティナ・リッチ)の、哀しい愛の行方の物語。アイリーンは家庭の境遇から生きる術をなくし1... [続きを読む]

受信: 2005/11/25 01:12

» モンスター [CINEMA CHECK!]
<ストーリー>1986年、フロリダ。幼い頃から虐待されて育ったアイリーン(シャーリーズ・セロン)は、売春して生きることに疲れ果て、自殺を決意する。最後の5ドルで酒を飲もうと、バーに入った彼女は、そこで、知り合ったセルビー(クリスティナ・リッチ)と意気投合し、二人で暮らすために、再び、売春をはじめるのだが・・・。 <感想>13キロの増量をし、自分の美貌を醜く変えてまでアイリーン役に挑んだシャーリーズ・セロンは、この演技で、見事アカデミー主演女優賞を獲得しました。 実は私は、美人女優が美しい..... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 10:26

» 『モンスター』 出演:シャーリーズ・セロン [映画のコト。]
松竹 モンスター プレミアム・エディション 『モンスター』              全米を震撼させた女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノス。 実在したこの人物の、悲しくも許しがたい 半生を映画化した作品『モンスター』               ... [続きを読む]

受信: 2006/01/05 20:49

» 『モンスター』MONSTER [ザ・シネマ]
連続殺人鬼の実話の映画化 製作年:2003年 製作国 : アメリカ 出演:シャーリーズ・セロン(本作でアカデミー主演女優賞、『スウィート・ノベンバー』『ミニミニ大作戦』『トリコロールに燃えて』) クリスティーナ・リッチ(『スリーピー・ホロウ』『耳..... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 17:59

» 映画 * 『モンスター』 [複数恋愛進行中ブログ]
体重を13kg増やして美しさをかなぐり捨てたシャーリーズ・セロンの姿態と同様、この物語に美しさはない。売春婦として社会の底辺で生きるアイリーンが、その後、全身全霊で尽くすことになるセルビィと初めて出会った場面すら荒んださびしさが漂う。レズビアンであるがゆえに家庭に... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 15:51

« いたいふたり | トップページ | バッファロー‘66 »