« 泥の河 | トップページ | 棒たおし »

2005/01/04

茶の味

T0001961

製作年:2003年
製作国:日本 
監 督:石井克人

山間の小さな町に暮らす春野家の人々。彼らはそれぞれに悩みを抱えていた。内気な高校生の長男・一は恋に悩み、小学校に入学したての妹・幸子は時折現われる巨大な自分の分身に困惑していたが…。

鳥、虫、蛙などの鳴き声や風の音など効果音が巧みに使われている。知らず知らずの内に心が落ち着いてくる作品だ。

この田舎の風景は生活臭が全くない。現実の世界でなく、イメージされた理想郷である。まさに父親(三浦友和)が施す催眠治療の中で見る夢幻の世界のようであった。

|

« 泥の河 | トップページ | 棒たおし »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2467868

この記事へのトラックバック一覧です: 茶の味:

» 茶の味 [僕の中の世界]
 『茶の味』を観た。  かなり観ていて変な気分になる映画、これがこの映画を観終えた時の最初の感想だった。役者一人一人がかなり個性的であり、すべてのキャラが... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 21:58

» 茶の味 [a story]
主演佐藤貴広、春野幸子、浅野忠信、手塚理美、我修院達也、三浦友和、土屋アンナ 監督・脚本石井克人 製作2003年、日本 我らがフツーの世界 山間の小さな町を舞台に、春野家の人々の暮らしを描いた作品。 春野家は五人家族、祖父アキラ(我修院達也)は画家だったが... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 19:26

» 茶の味/坂野真弥、佐藤貴広、浅野忠信、手塚理美 [カノンな日々]
何かのDVDを観たときに、この映画の宣伝が収録されていて、それがなんともおバカっぽくて面白そうだったのでレンタルしてみたんですが、実際はプロモとは違ってまったりほのぼの作品なのでした。江口寿史と宮崎駿を足して2で割ったような<全然的を射てない例えカモ>シュー... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 23:48

» 茶の味 [cube1555.com]
最初の30分、浅野忠信が少年時代の不思議な話をしてた時、すっごくウケてしまいました(笑)爆笑です。ええっ?! なんでデッカイ卵の上にっ?!して、刑事さんよ。ツッコミ入ってますけど、大丈夫?って(笑)また、浅野忠信の語り方が、低くて、ほんとに不思議そうで、...... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 12:11

» 【茶の味】 [ただの映画好き日記]
もしかしたら、ちょっと面白かったかなぁ〜? クスッて笑ったところもあるし、女の子が可愛かったし(『ナースのお仕事』のまりあちゃん♪)、デッカイ自分に淡々と立ち向かっている姿が微笑ましかったし。 でも、正直なところ、ダラダラと長かった・・・。 後半にくるまでただひたすらツライ・・・。 私はこういう映画、ホントに苦手。 あ、でも、おじいちゃんの残してくれたものにはホロリ。 言いたい�... [続きを読む]

受信: 2005/07/24 13:19

» 茶の味 [夏ミナミ]
茶の味 クスっと笑える小話でした。 寒いとこもあったけど 全体的にぬるい雰囲気で嫌なかんじがしないです。 ハジメの恋話はなんかよかったねぇ。 幸子もかわいーなぁ。 わたしはダンサーのダンスに夢中でした。 最後のスケッチブックもかわいいし。 だけどわたしには143分は長すぎました。 風景が地元みたいだったよ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/07/24 22:57

» 映画「茶の味」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ちゃ~み~(茶味)の里親としては、押さえておくべき映画と思い観た・・・のだが、途中で居眠りすたそ。よって前半と終わりの方しか観ていない、とにかくテンポが遅い・・・同じネタが繰り返し使われる・・・間が空きすぎる・・・眠くなる・・・でも、小一の幸子(坂野真弥)と高一のアオイ(土屋アン... [続きを読む]

受信: 2005/07/26 00:42

» 茶の味 [アスカ・スタジアム]
 トップとエンドで古木の桜が美しく映る。水清く、空気澄む山村を背景に展開されるのは、青空のような御伽噺に非ず。極めて現代的な市井の話である。茶の味は渋い。茶の味は苦い。ストレス多き現代に生きる人々は、茶の味のような悩みを持って生きている。  ここ春野家では、小一の幸子(坂野真弥)は、折に触れて出現する巨大な自分の分身に渋る。内向性のハジメ(佐藤貴広)は、自分の高校に転校してきたアオイへの片思いが苦い... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 05:03

» 茶の味 [ikoikoi blog【続・煎こい通信】]
なんとな〜く流れていく映画。 でも見終わったあと、きっとほのぼのしますよ。 日本 [続きを読む]

受信: 2005/09/13 14:59

» 茶の味 [CINEMA IN/OUT]
石井克人監督の『鮫肌男と桃尻女』を私はいたく気に入っているわけだが、このマッタリ電波系癒しムービーである『茶の味』も捨てがたい。 ユーモラスな中に今風の言葉でいえば日本の自然をリスペクトするような描写がある。我々の世代はシリアスなことをユーモアのオブラートに包んで表現するような所があると思う。照れくさいのだ。 最近、日本の若い映画監督がドラッグで逮捕されたが、石井監督のスペーシーなイマジネーションがそういうモノのチカラを借りていないことを祈りたい。『鮫肌〜』の冒頭でワイス博士の著... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 23:13

» 茶の味:2003日本 [HOW TO MAKE A BABY ELEPHANT FLOAT]
[続きを読む]

受信: 2005/09/23 22:29

» 茶の味 [CINEMA CHECK!]
<ストーリー>春野家の人々は、皆それぞれの悩みを抱えて毎日を過ごしていた。長男一(ハジメ)(佐藤貴広)は、好きだった女の子が転校してしまうし、妹の幸子(坂野真弥)は、時々現れる巨大な自分の分身にうんざりしていた。母親の美子(手塚理美)は、現役のアニメーターに復帰しようとしていたし、父親のノブオ(三浦友和)は、そんな美子を遠くに感じてしまっていた・・・。 <感想>見始めた時は、失敗したかなと一瞬思いました。妹の巨大な分身や、おじいちゃんのメイクが私の好みでなかったからなのですが、それでも見続..... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 07:23

» 『茶の味』この映画を見て! [オン・ザ・ブリッジ]
第61回『茶の味』見所:「田舎の美しい風景の中でほのぼのまったりと展開される少し変な家族の物語」  今回紹介する映画『茶の味』は最近私が観た日本映画の中でも特にお気に入りの作品です。監督は『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』などを撮り、一躍有名になった石井克人。彼は『キル・ビル1』のアニメパートのキャラクター設定や作画を... [続きを読む]

受信: 2006/03/18 22:30

« 泥の河 | トップページ | 棒たおし »