« 眠る男 | トップページ | 茶の味 »

2005/01/03

泥の河

「泥の河」★★★★★(BS)
1981年日本 監督:小栗康平
原作:宮本輝
出演:朝原靖貴 桜井稔 藤田弓子 田村高廣

日本が高度成長期を迎えようとしていた昭和31年。大阪・安治川の河口で食堂を営む板倉晋平のひとり息子・信雄。ある日、彼は対岸に繋がれているみすぼらしい船を見つけ、そこに住む姉弟と知り合うが…。

少年がイノセンスを喪失していく11歳の夏。信雄(朝原靖貴)は船で去っていく友を追い駆けて名前を呼び続ける。それは過ぎ去っていく少年時代を惜しむようにも聞こえる。

戦後10年、必死で生きてきた人々。ふと、実感する心の空白。「戦地で死んだ方が良かった」との述懐が重く響く。

人生の陰影を感じさせる美しいモノクロの映像。

|

« 眠る男 | トップページ | 茶の味 »

「★★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2456520

この記事へのトラックバック一覧です: 泥の河:

» 【泥の河】 [ただの映画好き日記]
胸が苦しかったです。 こんなに切ない思いをしたのは久し振りのような気がします。 なんといっても子役たちの素晴らしい演技に驚きました。 ノブオとキッチャンのあの目は忘れられないと思います。 子役たちのあの演技を引き出した監督に拍手喝采です。 戦後10年の昭和の匂いとはあんな感じだったのでしょうか。 ノブオとキッチャンの友情と、2人の優しさ素直さを、どうか明るい未来へと導いて欲しいと思いま�... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 22:39

« 眠る男 | トップページ | 茶の味 »