« 遥かなるクルディスタン | トップページ | 恋する惑星 »

2004/12/01

地球で最後のふたり

製作年:2003年
製作国:タイ/日本/オランダ/フランス/シンガポール 
監 督:ペンエーグ・ラッタナルアーン 

バンコクの日本文化交流センターで働くケンジは、病的なほどの潔癖症で、周囲との関わりを避けている。毎日のように自殺を考えている。そんなある日、日本でトラブルを起こしたヤクザの兄・ユキオがやって来るが…。
浅野忠信がヴェネチア映画祭コントロコレンテ部門で最優秀主演男優賞を受賞。

ヤモリが象徴するのは孤独。絵本になぞらえたように肉親を亡くし、一人ぼっちになった孤独な二人。

ケンジ(浅野忠信)の綺麗に片付けられた部屋。彼のカオスを秩序あるものへ誘う世界のようであるが、それでは埋まらない心の闇。そして、新たなカオスに身を置いて再生していくのだ。

三池崇史の殺し屋が可笑しい。

|

« 遥かなるクルディスタン | トップページ | 恋する惑星 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2123274

この記事へのトラックバック一覧です: 地球で最後のふたり:

» 地球で最後のふたり [カフェビショップ]
地球で最後のふたり あー、おしいなあ。編集がいまいちかなあ。 いきなり二人の通じてなさそうで心が通じ合う、短い共同生活からはいって、 そこにいたる経緯は回想シーンでちょこちょこはさんでいく、 という感じでやってくれたら最高なんだが。 最初の導入が長い。 ..... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 23:25

» <地球で最後のふたり>  [楽蜻庵別館]
2003年 タイ・日本・オランダ・フランス・シンガポール 109分 監督 ペンエーグ・ラッタナルアーン 脚本 ペンエーグ・ラッタナルアーン  プラープダー・ユン 撮影 クリストファー・ドイル 音楽 スモールルーム  フアラムポーン・リッディム 出演 ケンジ:浅野忠信    ノイ:シニター・ブンヤサック    ニッド:ライラ・ブンヤサック    ユキオ:松重豊    タカシ:竹内力    タジマ:三池崇史    ヤクザ:田中要次... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 23:13

» 『地球で最後のふたり』 [愛すべき映画たち]
Ruang rak noi nid mahasan(2003/タイ/日本/オランダ/フランス/シンガポール) 【監督】ペンエーグ・ラッタナルアーン 【出演】浅野忠信/シニター・ブンヤサック/ライラ・ブンヤサック 今回は、 [続きを読む]

受信: 2006/01/20 13:32

« 遥かなるクルディスタン | トップページ | 恋する惑星 »