« 列車に乗った男 | トップページ | アンダーグラウンド »

2004/11/22

サン・ピエールの生命

「サン・ピエールの生命」★★★★(BS)
1999年フランス 監督:パトリス・ルコント 
出演:ジュリエット・ビノシュ ダニエル・オートゥイユ
   エミール・クストリッツァ ミシェル・デュショスワ

1849年、カナダにあるフランス領サン・ピエール島。この島に流れ着いて酒に酔った勢いで殺人を犯し、死刑を宣告されたニール。この島に駐留する軍隊長ジャンと、その妻マダム・ラは、島にギロチンが運ばれる間、ニールの面倒を見ることになるが…。

この映画を観ていると、いくつもの疑問が湧いてくる。なぜ、マダム・ラ(J・ビノシュ)はそこまで死刑囚の面倒をみようとするのか。なぜ、ジャン(D・オートゥイユ)は周りの陰口にも構わずマダム・ラの行動を止めようとしなかったのか。

そこには、この夫妻の結びつきが常人には計り知れない特殊なものがあったからであろう。破滅を恐れない心の座った愛。ウムム…。

|

« 列車に乗った男 | トップページ | アンダーグラウンド »

「★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/2033610

この記事へのトラックバック一覧です: サン・ピエールの生命:

« 列車に乗った男 | トップページ | アンダーグラウンド »