トップページ | サハラに舞う羽根 »

2004/10/19

ミッシング

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:ロン・ハワード 

1885年、ニューメキシコ州。マギーは2人の娘を育てながら医者として生計を立てている。ある日、アパッチ族との生活を選んで家族を捨てた父親ジョーンズが帰ってきた。マギーは拒絶するが、長女がネイティヴ・アメリカンにさらわれてしまう。マギーは彼らの習性をよく知るジョーンズに協力を依頼し、一緒に追跡を開始するが…。

悪い話ではないが、137分という上映時間がやけに長く感じた。

妖術師から呪いをかけられたマギーを救おうと、みんなで祈祷をするところなど、いい場面もあったが、同じようなエピソード、余分な挿話が多かったからではないだろうか。

|

トップページ | サハラに舞う羽根 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/1722308

この記事へのトラックバック一覧です: ミッシング:

» 映画「ミッシング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Missing -愛は憎しみを越える- 「アポロ13」で有名なロン・ハワード監督のこの映画、サミュエル・ジョーンズ(トミー・リー・ジョーンズ)演じる祖父とマギー・ギルクソン(ケイト・ブランシェット)演じる母が幼い娘を連れて、誘拐された姉を連れ戻す旅に出る。舞台... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 20:04

» ミッシング THE MISSING [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
トミー・リー・ジョーンズ、ケイト・ブランシェット主演 ちょっと前の西部劇を観てみました 正統派の西部劇とは言えないのでが 幼い頃父に捨てられた主人公 ケイト・ブランシェット ダンス・ウイズ・ウルブスのように白人がインディアンになった トミー・リー・ジョーンズの好演で最後まで飽きさせずみせてくれました 19世紀のニューメキシコは無法地帯で 単に生活をしていても危険 ケイトは女手ひとつで二人の女の子を育て、医者でもあり逞しい女性です ある時 一人のインディアン風の不審な人物 トミーが現れる 彼女... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 18:31

» 映画評「ミッシング」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2003年アメリカ映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2005/11/08 15:32

» <ミッシング>  [楽蜻庵別館]
2003年 アメリカ 138分 監督 ロン・ハワード 脚本 ケン・カウフマン 撮影 サルヴァトーレ・トティーノ 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 サミュエル・ジョーンズ:トミー・リー・ジョーンズ    マギー・ギルクソン:ケイト・ブランシェット    リリー(姉娘):エヴァン・レイチェル・ウッド    ドット(妹娘):ジェナ・ボイド    ペーシュ・チャイデン(妖術師):エリック・シュウェイグ    ブレイク(マギーの恋人):アーロン・エッカート    騎兵隊中尉:ヴ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 00:31

» ★★★「ミッシング」ケイト・ブランシェット、トミー・リー・ジ... [こぶたのベイブウ映画日記]
役者の魅力は楽しめたけど、物語は、いまいちピンと来なかった。なぜインディアンは悪なのか。その一方的な描き方が鼻についた。父娘の確執も、偏った民族描写に共感できず、色あせてしまった。良かったのはケイト・ブランシェット。呪いを受けるシーンなど迫力でした。ト...... [続きを読む]

受信: 2005/11/19 03:27

» ミッシング [CINEMA CHECK!]
<ストーリー>1885年。アメリカ、ニューメキシコ州。町から離れた農場で、マギー(ケイト・ブランシェット)は、二人の子供と暮らしていた。ある日、農場を手伝うブレイク(アーロン・エッカート)が連れてきた男(トミー・リー・ジョーンズ)を見て、マギーは驚く。彼は、20年前に家族を捨てた父親だったのだ。翌朝、ブレイクと子供たちは町に向かうが、途中で何者かに襲われ、姉娘のリリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)がさらわれてしまう・・・。 <感想>アメリカ公開時は、週末ベスト10にも入っていたこの映画。..... [続きを読む]

受信: 2005/11/21 21:06

トップページ | サハラに舞う羽根 »