製作年:1990年

2005/05/15

推定無罪

製作年:1990年
製作国:アメリカ 
監 督:アラン・J・パクラ

ラスティは、優秀で堅物の首席検事補として知られ、幸せな家庭を営んでいた。ある日、上司の地方検事レイモンドから同僚の美人検事補キャロリンが殺害されたことを知らされ、この事件を担当するように命じられる。彼女はラスティが密かに情事を重ねていた愛人だったのだが…。

終始、沈鬱な表情を浮かべているラスティ(ハリソン・フォード)。どこかで道を誤ってしまった男の哀しさとやるせなさが身に染みてきます。

本作品を観るのは二回目だったので、事件の真相は知っていました。それでも引き込まれてしまうのは、終盤までラスティが真犯人なのか否かをはっきり描かれておらず、そのミステリー展開が巧妙に作られているからでしょう。

ピアノを基調としたジョン・ウィリアムズの音楽も印象深い。

| | コメント (0) | トラックバック (4)